スポーツ

アメリカのライダークリスティーナ・バーチ

11回アメリカナショナルチャンピオンのクリスティーナ・バーチ(Christina Birch)が月までの旅を始めるために自転車レースを交換しています。

Birchの大胆な方向転換は、2021年にNASA Astronaut Class of 2021に選ばれた後に行われ、彼女はテキサス州ヒューストンでArtemisミッションのための2年間のトレーニングコースを開始します。

「2021年の宇宙飛行士候補になり、とても嬉しいです。 二度、汎アメリカのチャンピオンであるBirchは、米国サイクリングの声明で語った。

「最初に青い飛行服を着た時から、それが実際に実感し始めたはずです」

バーチは東京オリンピックの長いリストにあり、コロラドスプリングスのオリンピックトレーニングセンターで準備中に申請書を提出しました。

彼女は「チームと一緒に本当に頑張るためにトラックに戻る前にオンラインで申請書を作成しました」と語った。

「オリンピック選抜後、ヒューストンのジョンソン宇宙センターで何度もインタビューを行いました。 それぞれはこれが私と私がやりたいことにもっとよく合うという感じを持たせました。

バーチ(左)が2019リマファンアメリカンゲーム女子団体追い越しでアメリカのために金メダルを撤回した。 | ロイター

数学、生化学、分子生物物理学の学士号を持つBirchは、12,500人の志願者の中で9人の他の人と選ばれました。

「一種の夢です。 あなたは支援プロセスを通して息を殺していて、合格できることを願っています。」と彼女は付け加えました。

「インタビューの過程で本当に素晴らしい人にたくさん会いました。 誰もが信じられないほど資格があります。 だから本当に宝くじに当選した気分です」

バーチは、長年のサイクリング訓練による激しい物理的なニーズが、国際宇宙ステーションで終わりたいという旅行に代わるだろうと述べた。

彼女は、「未知の難しいプロセスを経て、多くの慰めと親しみやすさを持って疲れた時にも依然として100%を引き出すこと、それが候補として私にとって本当に役に立つでしょう」と思います。 言った。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  日本初のIndy 500チャンピオンのタクマサトについて知っておくべきこと

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close