アメリカ人、日本からオランダに引っ越し、今はもっと幸せで寂しさが少ない

0 min read

私はアメリカ人なのでヨーロッパに移住できて嬉しいです。
ブリシュミット

  • 私はアメリカ人なのに日本で6年ほど住んでいましたが、孤独と迷子になった気分を感じ始めました。
  • 私は東京の家を売ってヨーロッパを旅行してオランダに惚れました。
  • 私は特別条約を利用して欧州市民権を取得し、ここで暮らすのが幸せです。

2022年1月のある日、私は気づきました。 私は日本での生活はもはや必要ではないことに気づきました。

私は東京に住んでいるアメリカ人で、日本語を完全に話し、弓を完璧に駆使し、混雑した退勤時間帯の電車で(丁寧に)道を突き抜けていく方法を学ぶために何度も努力しましたが、6年経ってもまだ水から取り出した魚のように感じました。

日本で過ごした最初の数年は、多くの人が日本で暮らすことを想像するときに期待するように、興味深く夢のような時間でした。

私は美しい神社と寺院を訪れ、居酒屋で友達と一緒にウーロンハイカクテルを飲み、渋谷の街を何時間も探検しました。 当時、日本は私の遊び場のように感じました。

日本での私の経験は時間の経過とともに変化しました。

日本は時々私に孤独な場所のように感じた。
©マルコ・ボティゲリ/ゲッティイメージズ

結局、思い浮かぶ太陽の土地に住むことのいくつかの欠点が私を悩ませ始めました。

いくら静かで目立たないように努力しても、日本人ではないという理由で郊外に住む町では人々の視線(時には雪銃)を受けました。

結局、 この国の人口のうち日本人ではない人は2.5%に過ぎない。 日本文化は魅力的ですが、私は多様性と多文化主義を見逃すようになりました。

日本で暮らすのも、私が泊まった年が過ぎるほどますます孤独を感じました。 まず、日本社会は内省的であることが知られており、東京のような大都市で見知らぬ人と会話を始めることは、ほとんどの相互作用に織り込まれた秩序と調和に対する違反と考えられることが多いです。

しかも日本は文字通り孤立しており、四方が水に囲まれています。 これにより、他の国を出て訪問するのが難しい場合があります。

私は新しい場所を探索し、より多くの人脈を築きたいと思っていましたが、日本はもはやこの価値に合わないようです。

次に、どこに引っ越すべきかわからなかったが、アメリカに戻るのは正しいとは思わなかった。

2022年初めに私が悟ったところによると、私の夫は私が東アジア諸国で1年目に出会った日本国籍の人ですが、私は他の選択肢は私の故郷であるアメリカで暮らすだけだと思いました。 しかし、私たちは私たちの理想的なライフスタイルと目標に合ったアメリカの都市を見つけるのに苦労しました。

私たちは決定を遅らせるために東京の家を売り、数ヶ月間デジタル遊牧民にヨーロッパを旅しました。

私たちの冒険は2023年に始まり、オランダに立ち寄りました。

アムステルダムで私たちは日本にないメリットをすべて挙げました。 その中には、多文化主義、私たちの小さな子犬の話を渡した地域の住民、他の国への便利な旅行などがあります。

そして、以前に受けた視線や望ましくない関心が消えて、私は爽やかな自由感を感じました。

旅行中、私はオランダとアメリカの友好条約についても知りました。

ヨーロッパに長期的に滞在することは決して現実的なことではないようだったが、このプログラムを通じて実現可能な選択になることができることがわかりました。

オランダは私が日本で逃したものを提供します

ヨーロッパを旅している間、私は夫と私は最終的にアメリカに引っ越す必要はないかもしれないと思い始めました。
ヤソニア/ゲッティイメージズ

オランダを旅行してから1年が経ちませんでした。

私は隣人に歓迎されていると感じており、すでにさまざまな国や背景を持つ友人を作ったので、日本に住むときよりもアメリカの家族を訪問する方が簡単です。

オランダはしばしば 世界で最も幸せな国の一つとして評価そして多くのオランダの住民はリストの彼らの場所を嘲笑するかもしれませんが(文句はここで国民的な観光スポットのようです)、私はそれを裏付ける証拠を見つけました。

オープンでフレンドリーな人々と旅行の利便性に加えて、私はここの小さなものにいつも喜んでいます。 たとえば、住民が自分の持ち物を新しい所有者に譲る私たちの近所の「中古品」ボックス、平日の午後に公園でのんびり読書をする人々、車のない人生を住みやすくしてくれる自転車道路などがあります。 このような魅力的な観察は、東京では珍しいことでしょう。

もちろん、私はオランダにまだ新しく来た人であり、私の感情が時間の経過とともに変わることができることを知っています。 日本でやったようです。 人と場所はすべて進化することができ、どの国が人生の一段階では家のように感じることができますが、永遠にそうは感じられない場合があります。

私はその気持ちが続く間、2年か7年か、私の人生の残りの期間であれ、それを受け入れる方法を学びました。 今はオランダに住むことが私の夢の人生だと決めました。

READ  テバ、厚生労働省、成人片頭痛の予防のために、日本でAJOVY®(プレノックアウトジュマプ)注射を承認したと発表し
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours