スポーツ

アルファ他私たちの2021年ドライバーラインナップは既に決まっているなんてルー・クビアート – TopNews

NEXT … F1開催日程

2020年12月11日(金)午後18:01

2020年F1シーズンも残すところ、週末の最終戦アブダビGP(13日決勝)を残すだけとなっていたが、現在は2021年に向けて、まだ3つのシートに座っているドライバが正式に確定していない。

そのうちの一つは、チャンピオンチームメルセデスであり、今季通算7回目F1チャンピオンになったルイス・ハミルトンがまだ2021年に正式契約を締結していないため、公式にはまだ来シーズンのドライバーラインナップが確定したと言うことができない状況である。

しかし、近い将来ハミルトンとメルセデスが契約を締結したことは間違いないと思われ、実際に流動性を残しているレッドブルアレキサンダーアル本シートとアルファ他私たちのなんてルー・クビアートシート2つになっている。

レッドブルとセカンドチームであるアルファ乗ったちドライバプログラム責任者であるヘルムート・マルコは、最終戦アブダビGPが終わってから、最終的にどのようにするかを決定するとして、両チームの2021年ドライバーラインナップを発表されているのは、早くても来週ということになりそうだ。

アル本に関しては、その後継者候補としてセルジオ・ペレス(レーシングポイント)とニコ・ヒュルケンベルグの名前を挙げることができ、レッドブルが、最終的にどのような判断をするのかは知らないが実情だ。

しかし、アルファ他、我々としては、今年のF2選手権ランキング3位で終え、日本人ドライバーの角田裕毅を2021年に起用するのが基本路線になっていると考えられる。

このような中、今年のアルファ打私たちのシートを失う可能性が高いと考えられるクビアートは次のように語った。

「すでに決まっていることを発表しのに、なぜこんなに時間をかけるのか分からない」

「私は、いわば事前協議をすでに終え、だ。だから、すぐにすべてのことが明らかになるだろう。しかし、その質問はヘルムート・マルコに尋ねたほうがいいと思って」

2021年F1デビューを飾っことはほぼ確実であると信じている角は同じ日本人ドライバー佐藤万璃音と共にアブダビGPの翌週にヤスマリーナサーキットで開催されるヤングドライバーテストにアルファ乗ったちホンダで参加することになっている。

一方、アル本に関しては、アブダビでどの性能を示すことができるかが2021年の残留に向けた最後の機会になると考えられている。

そして、もしレッドブルがアル本の再任を放棄した場合には、週末に、バーレーンで開かれた社ヒールGPでF1キャリアの初優勝を占めたペレスの起用に動く可能性が高いと考えられる。

アブダビでのレースポイントドライバーでの最後のレースに臨むようにされているメキシコ人ドライバーローン牛との契約の可能性について次のように述べている。

「ヘルムートマルコウル含むほとんどのチームのボスが、バーレーンの私の勝利のお祝いの言葉を与えた “

「チーム(レッドブル)は、アブダビ後に決定することになるだろうと述べている “

「それは具体的にいつかという情報は持っていない。しかし、焦らないか」

そう言ったペレスは、次のように付け加えた。

「今ずっと待っていたんだ。だから、これから1週間または2週間待っても問題ない」



前後の記事

[페라리]CEOが突然辞任F1チーム代表は、緊急に帰国


[F1 배달]角田裕毅の最新情報とマル特集も配信予定!オフシーズン特集














READ  シティー監督グアルディオラ、プレミアリーグでより少ないチームを要求

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close