イスラエル – ハマス戦争ライブアップデート:行こうと中東に関する最新ニュース

Estimated read time 1 min read

イスラエルで10月7日に拉致された人々の親戚や支持者たちは、今週のガザ地区で遺体が発見され、近隣反政府デモで数千人が怒った人質を覚えて、週間デモを土曜日の鈍い集会に変えました。

イスラエル軍は土曜日、カン・ユニス(Khan Younis)でエラード・カチル(47)の遺体を収拾して送還したと明らかにした。 武装団体イスラム・ジハードはニル・オズキブーツからカジル氏を連れて行きました。 彼は監禁期間中映像に2回登場し、去る1月拉致犯らの手で死亡したとイスラエル軍は明らかにしたが、これは確認できない主張だ。

このニュースは戦争6ヶ月の記念日の前日である日曜日に出ました。 その日には、何千人もの人々がより多くの抗議のためにイスラエルに集まることが予想された。

去る10月7日、キブツ・ニーリムで拉致されたヤゲブ・ブフスタブ(34)の母エスター・ブフスタブは、土曜日の夜、イスラエル・テルアビブで開かれた集会で「6ヶ月間、私たちは悪夢の中にいた」と話した。 彼女は「私たちは、国家が交渉を実現し、リハビリテーションのために買った人を取り戻し、埋葬のために殺された人を取り戻すためにすべての努力を尽くすことを要求します」と付け加えました。

近隣の民主広場では、数千人の反政府デモ隊がベニヤミン・ネタニヤフ首相に、10月7日以降に行方不明になった人質130人以上を家に連れてくるように促しました。

テレグラム警察は声明を通じてデモが終わる頃、警察命令に違反した車両一台がデモ隊群衆の中に突進し、複数人が負傷したと明らかにした。 ドライバーが群衆の中で車を運転した理由は不明ですが、ドライバーは警察の停止命令を無視し、車に乗った乗客たちがソーシャルメディアに掲示された映像でデモ隊に声をかける姿が目撃されました。

人々はベニヤミンネタニヤフ首相政府に反対し、人質の解放を求めるデモに出席しました。クレジット取引…ハンナ・マッケイ/ロイター

農業専門家のエラン・ヘルケビー(66)は、「ハマス破壊」と「完全な勝利」は意味のないスローガンだ。 「残りの人質を取り戻すという実質的な圧力があります。 そうでなければ、人々は決して社会として回復することができないでしょう。」

これらの感情は、退職者であり、2番目のバッチにある3人の戦闘兵の母親であるSarit Perl(65歳)も共感しました。 彼女はネタニヤフ氏を弾劾し、彼に代わる新しい選挙を求めました。

「私が今日ここにいる理由は、今起こるべき3つのこと、すなわち弾劾、すべての人質送還、選挙実施だからです」と彼女は言いました。

パール首相はますます増える選挙要求に直面しており、今週初めを含め、エルサレムの自宅で頻繁なデモが行われているネタニヤフ首相を批判しました。

「ネタニヤフは首相を務めたことがありません」とPerl氏は言いました。 「しかし、今、彼は交渉に成功する機会を意図的に破壊しようと行動しているようです。

サハル・シャピラ(42)は、人質カジル氏の死亡で人質送還のための合意が緊急であることを強調したと述べた。 彼女は「人質が生き残ることができないということは人々に明らかだ」とし「そのような他の多くの人々も同様の方法で戻ってくるだろう」と予測した。

2009年、ニューヨーク・タイムズとのインタビューで、パレスチナのロケット攻撃により、イスラエルがガザ地区でハマスに対して3週間の致命的な攻勢を繰り広げた後、カジル氏は記者に小声を上げたと話しました。 戦闘が不安な休戦で終わった時、カジル氏は「勝利を感じることができない」と話した。 「まだ安全だとは思わない」

Katzir氏の死のニュースはイスラエルの緊張を高めました。 人質の家族代表は、土曜日に開かれた声明を通して、イスラエル人に戦争6ヶ月を記念する集会のために日曜日エルサレムに集まることを促しました。

拉致被害者家族は毎週土曜日、テルアビブにあるイスラエル軍本部近くの広場で集会を開き、政府に親戚の送還のための交渉を妥結するよう圧力をかけている。 集会はしばしば反政府デモに収束した。

イスラエルの管理者は昨日、カイロでエジプト、カタール、アメリカの代表者と会い、数ヶ月間停滞した人質取引に関する議論を議論する予定です。 バイデン大統領は参加者に「即時休戦」と人質送還につながる合意に達するよう圧力をかけている。

キブッツ・ニール・オズ(Kibbutz Nir ​​Oz)で拉致されたチャイム・フェリー(79)の娘ノアム・ペリ(Noam Peri)は昨年12月、ハマスがイスラエル空襲でガザ地区で殺害された人質5人のうちの1人だと主張し、イスラエル政府に措置を求めた。 「氏。首相、閣僚の皆さん、責任を負わなければなりません!」 彼女は「契約なしに戻らないでください!」と付け加えました。

READ  ウクライナ:キエフ攻撃はプーチンの国連に「中央指」だった。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours