スポーツ

イタリア、ワクチン未接種者食堂への立ち入り禁止

イタリア政府は、新種コロナウイルス感染症(コロナ19)の拡散を防ぐためにワクチン接種をしていない人々の特定のレジャー施設の出入りを禁止することにした。

政府は12月6日水曜日から、レストラン、映画館、スポーツイベントを訪れるすべての訪問者は、予防接種または感染回復証明書を所持する必要があると決定しました。

これまではワクチン接種をしていない人も音声判定を受けてそのような施設に入ることができました。

政府はまた、義務予防接種を警察官と軍人、医療陣と教師まで拡大することにした。

現在40歳以上に提供されているブースター接種は来月から18歳以上に提供される予定だ。 ブースターは医療従事者にとって必須です。

イタリアは、人口の72%以上が2回接種され、ヨーロッパで最も高いワクチン接種率を示す国の1つです。 しかし、この国は水曜日に12,000人以上の新しい事例を確認しました。

マリオドラギ首相は周辺国の状況が非常に深刻で、イタリアの状況が徐々に悪化していると警告した。 彼は、イタリア人が過去1年間に達成したことを保護するために慎重でなければならないと述べました。

READ  日本、英国とアイルランドのライオンズとの最初の試合に出場

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close