World

イルカ17頭、モーリシャスの海岸で死んで、日本の船舶の座礁現場近く – BBCニュース

ヤシンモハブース、BBCのニュース(モーリシャス)

写真の説明、

モーリシャスの海岸でイルカの死体が多数発見

インド洋の島国モーリシャスの海岸では、少なくとも17頭のイルカが死んでいるのが発見された。 日本企業が所有の貨物船での重油流出問題なのか検討が進められている。

環境保護の関係者は、沖で座礁した貨物船「若潮」で流出した重油や当局が貨物船の一部を海に沈没したことが原因としている。

一方、同国の漁業担当大臣は、イルカの死は、「一目」重油流出とは無関係と思われると述べた。

像によると、少なくとも2匹のイルカ、サメがくわえている痕跡が残っていたという。

イルカの死体は、現在の解剖が行われている。

このように多くのイルカが死んだことが一度に発見されるのは珍しい。 2019年5月には、2匹の死体が同時に発見された。

貨物船が座礁後、イルカが死んだことが確認されたのは初めてだ。 これまで多くの魚やカニが死んでいるのが発見された。

地域住民多数のイルカの死に怒りを表明している。

写真の説明、

モーリシャス多くの観光客がイルカと泳いだりできる

「今朝起きたらそう多くのイルカが私達の海岸で死んでいるのを見た。悪夢よりひどい」と住民ニッティング・地下氏はBBCに語った。

「死んだイルカを8匹から10匹程度を見た。サンゴ礁はもといるのだろうか?」

今回イルカの多くの発見時に死んでいたが、弱いたまらない状態で発見されたこともあった。

重油流出が原因?

環境保護活動家たちは、重油からだろとBBCに語った。

貨物船「若潮」は、7月25日、希少野生動物保護区として知られてポイントデスニーで座礁した。

一帯にはラムサール条約で国際的に重要視されている湿地が広がっている。

海洋学者ブワセン・カウパイムース氏はイルカ油のにおいがしたと述べた。

現地メディアは「状況は、時間の経過に応じて悪化するというのが私の比喩である」と彼はコメントを紹介した。

写真の説明、

当局は先週貨物沸かし船首部分を投げた

環境保護の専門家スニル助けカーシング氏は、重油流出したり、貨物船の船首を先週沈没したのがイルカの死につながったと述べた。

「沈没は、おそらく自然の生息地にあった海洋哺乳類を驚かせたのだ。余波は続くと考えられ、今回のことは始まりに過ぎない」

環境保護団体グリーンピースのアフリカは、「数千」動物種」汚染された海に落ちて死ぬ危機にあるモーリシャスの経済と食品の安全性、健康に深刻な影響を与えるだろう」と警告している。

一方、社ディア・すべて漁業担当大臣は、死んだイルカの初期検査は、重油流出が死ん接続されたことが発見されなかったと述べた。

READ  [한일 경제 전쟁]「阿部ロス」韓国政界に広がる! 反日闘士も「万感の思いである。一日も早く全快することを心から願っている」:J-CAST会社ウォッチ

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close