インド、2025年の名目GDPで日本を追い越すように

Estimated read time 1 min read

今月発表された国際通貨基金(IMF)の推定によると、インドは2025年ドル基準名目国内総生産(GDP)で日本を追い越すだろうという。

2025年、日本の名目GDPは4兆3100億ドル、インドは4兆3400億ドルに達すると予想される。

インドの国内総生産(GDP)が日本を上回る時点は昨年10月、IMFが予想したものより1年早いことで、円高の価値がさらに下落した点を反映する。

予測が正しければ日本経済は世界5位規模に墜落するだろう。 去る2月にのみ内閣府が発表したGDP資料によると、2023年には日本がドイツに追い越されて4位に落ちた。

内閣府資料によると、2023年のドル平均為替レートは140.48円だった。 しかし金曜日の海外取引ではドル価格が約34年ぶりに初めて158円を超えた。

インドの負傷の背面には、円安と同様に急速な経済成長もありました。 2023年、インド経済は7.8%成長し、日本の1.9%よりはるかに急速に成長した。

インドの経済成長は途方もない内需によって主導されている。 2023年には人口が中国を越えて世界最大の人口になると予想されるからだ。

NLI研究所の斉藤誠は「インドは中国への投資が抑制される時期に先進国から資金を引き寄せている」と話した。

第一生命研究所の熊野秀夫博士は、日本政府と日本銀行の円安弱政策が日本の低い成長率を非難しなければならないと指摘した。

熊野首相は「円安の下落に依存する経済成長には限界がある」とし、省エネ努力と投資奨励を通じて生産性を高めるべきだと指摘した。

READ  Bidenの素晴らしい税金再調整行為
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours