理科

インド洋のレウィニオン島の最初のフランスのオミクロン事例

パリ(AP) – 火曜日に、日本とフランスは、世界中の国々が閉鎖または拡散を制限する方法を見つけるために忙しい中で、科学者がどのように損害を与える可能性があるかを研究しながら、新しい亜種コロナウイルスの最初のケースを特定しました。

世界保健機関(WHO)は、初期の証拠に基づいて、オミクロン変異の世界的リスクが「非常に高い」と警告し、「重大な結果」として急増する可能性があると述べた。

フランス当局は、火曜日、インド洋のフランス領レビニオン島でオミクロン変異の最初の事例を確認した。 島の伝染病研究クリニックの微生物学者であるパトリック・マビンギ(Patrick Mavingui)は、新しい変種に対して陽性反応を示した人がモザンビークを旅行してレビニオンに戻る前に南アフリカ共和国で止まった53歳の男性だと述べました。

その男は隔離されました。 Mavinguiは、公共テレビReunion 1erによると、「筋肉痛と疲労感がある」と述べた。

日本は火曜日にナミビアから最近到着した訪問者の最初のケースを確認しました。 これは、亜種に対する緊急予防措置としてすべての外国人訪問者を禁止してから1日だけです。 政府のスポークスマンは、30代の男性の患者が日曜日に成田空港に到着したときに陽性であり、隔離され病院で治療を受けていると述べた。

カンボジアはオミクロン変種の脅威を理由にアフリカ10カ国の旅行者の入国を禁止した。 今回の措置はカンボジアが11月15日、ワクチン接種を終えた旅行者に国境を再開した後わずか2週間で行われた。

新しいバージョンは、南アフリカ共和国の研究者が数日前に最初に確認しました。

WHOは、オミクロンの亜種について「かなりの不確実性」があると述べた。 しかし、予備証拠は、変異が免疫系反応を回避し、ある人から別の人に伝播する能力を高めるのに役立つ可能性がある突然変異がある可能性を高めると述べた。

WHOは、科学者がこの亜種をよりよく理解するために証拠を探していますが、国はできるだけ早くワクチン接種を加速する必要があると強調しました。

世界的な懸念にもかかわらず、南アフリカ共和国の医師は、患者がこれまでほとんど軽微な症状を経験していると報告しています。 しかし、彼らはまだ早いと警告します。 さらに、新しいケースの多くは、通常、高齢者と同じくらいCOVID-19にかからない20代と30代の人々です。

READ  日本のコロナウイルス急増PMシュガーが短期プレミア、東アジアニュース、主要ニュースのように見えます。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close