経済

インド:インド、2030年まで日本を抜いてアジア2位経済大国:IHS、CFOニュース、ETCFO


IHSマーケットは金曜日の報告書で、インドのニューデリーが2030年まで日本を抜いてアジア2位の経済局になり、GDPもドイツとイギリスを越えて世界3位に上がるものと展望した。 現在インドは米国、中国、日本、ドイツ、イギリスに続き世界6位の経済大国だ。

IHS Markit Ltdは、「米ドルで測定したインドの名目GDPは、2021年に2兆7000億ドルから2030年に8兆4000億ドルに増加すると予想される」と述べた。 「このような経済拡大の急速なため、2030年までにインドのGDP規模が日本のGDPを超え、インドがアジア太平洋地域で2番目に大きな経済になるだろう」

2030年まで、インド経済はドイツ、フランス、イギリスの最大の西ヨーロッパ経済規模よりも大きくなります。

「全体的に、インドは今後10年間、世界で最も急成長している経済の1つになると予想されています。」

インド経済の長期展望は、いくつかの主要な成長要因によって支えられています。

IHS Markitは、「インドの重要な肯定的な要因は大きく、急速に成長する中産層として消費者支出を主導している」とし、インドの消費支出が2020年に1兆5000億ドルから2030年に3兆ドルに倍増すると予測した。 。

2021~22会計年度(2021年4月~2022年3月)の間、インドの実質GDP成長率は8.2%で、2020~21年前年比7.3%の激しい萎縮から回復すると発表した。 言った。

インド経済は、2022-23年度にも6.7%の速度で強い成長を続けると予想されます。

急速に成長している国内の消費者市場と大規模な産業部門のため、インドは製造、インフラ、サービスを含む多くの分野で多国籍企業のますます重要な投資の対象となりました。

現在進行中のインドのデジタル革新は、eコマースの成長を加速し、今後10年間にわたって小売消費者市場の環境を変えることが期待されています。

報告書によると、「これは、技術とeコマースの分野における大手グローバル多国籍企業をインド市場に引き付けている」 「2030年までに11億人のインド人がインターネットにアクセスし、これは2020年に推定される5億人のインターネットユーザーよりも2倍以上増加しました。」

Eコマースの急速な成長と4Gおよび5Gスマートフォン技術への移行は、オンラインEコマースプラットフォームであるMensa Brands、物流スタートアップDelivery、および電子販売がIHSマーケットはファンデミック期間中に急増したと述べた。

報告書は「過去5年間で明らかになったインドへのFDI流入の大きな増加は、2020年と2021年にも強力な勢いで続いている」と述べた。

これはインドの大規模国内消費者市場に魅力を感じるグーグル、フェイスブックなどのグローバル技術多国籍企業の大規模投資流入で加速化しているという。

世界で最も急速に成長している経済国の一つであるインドは、自動車、電子、化学などの製造業界、銀行、保険などのサービス産業を含む幅広い産業において、多国籍企業にとって最も重要な長期成長市場の1つになります。 、資産管理、医療および情報技術。

READ  待望の格安ノートパソコン! Microsoft Surface Laptop Go発表!

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close