スポーツ

ウガンダの五輪代表、日本の到着時の陽性反応

ウガンダのオリンピックチームのメンバーが大流行で延期されたオリンピックが開催される1ヶ月前、日本に到着するやいなやコロナウイルスの陽性反応を示しました。

ボクシング選手、コーチ、管理を含む9人の強力なパーティーであるウガンダで到着した最初のグループは、土曜日、東京の成田空港に到着しました。 彼らは6月1日、オーストラリア女子ソフトボールチームに続いて二番目に到着したチームである。

しかし、アフリカ諸国の代表団の一人空港でのチェックの陽性判定を受けた政府関係者は記者団に語った。 患者は、二回の検査を受けたが、状態はまだ知られていなかったと地元メディアが報じた。

東京2020大会デリバリー責任者である中村英正(Hidemasa Nakamura)は、感染に対する厳格な措置をとるという誓いを更新し、「その人が規定に基づいて孤立された聞いた」と話した。

公営放送NHKは、このグループが日本に来る前にウガンダでのすべてのワクチン接種を受けて、音声検査を受けたと述べた。

このチームは、元の6月16日、日本に到着する予定だったが、ウガンダでコロナ19事例が急増し、飛行がキャンセルされたと地元メディアが伝えた。

ウガンダの政党の他のメンバーはすでに空港を離れ西日本大阪に行ってオリンピックを控えて訓練する予定である。

これは、海外から来たオリンピック到着者の間での肯定的なCovidテスト結果を示す最初の事例と地元メディアは明らかにした。

先週主催者は、伝染病がまだ制御されていないにも関わらず、オリンピックを安全に保持するための努力の一環として、選手たちのためのウイルスのガイドラインを発表しました。

主催者は、月曜日に会う国内観衆がある場合、許容することができる、国内観客数について議論して10,000人の上限を選択すると提案した。

Nippon Televisionは、主催者が7月23日の開幕式にゲストと関係者を含む観客の上限を2万名に設定することを検討していると述べた。

海外のファンたちは、すでに延期されたイベントに出席することを禁止された。

si / dh

READ  ジャガー、NFLドラフト1位を維持計画

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close