ウクライナで亡命したロシアのパイロットマキシムクズミノフ死亡:ウクライナ国防情報局

Estimated read time 1 min read

Vitalii Nosach/グローバルイメージ ウクライナ/ゲッティイメージズ

クズミノフはロシアのウクライナ侵攻のため脱北したと述べた。



CNN

ヘリコプターに乗って国境を越えてウクライナで亡命したロシアのパイロットマクシム・クズミノフ(Maxim Kuzminov)が死亡したと明らかにした。 ウクライナの 国防情報局(GUR)。

このニュースは去る2月13日、地中海ビーチリゾート地のヴィラジョヨサのあるアパートの建物駐車場で、一人の男が銃に当たって死亡したとアリカンテ州スペイン市民警備隊がCNNに明らかにした後に出たものだ。

当初、民警軍は被害者が33歳のウクライナ人であると明らかにしたが、後に遺体の身元はまだ確認されておらず、調査の一部であり、判事がこれを封印した。

ウクライナのGURの情報源は、CNNにスペインで発見された男性の遺体がクズミノフのものであることを確認しましたが、彼がどのように死亡したかについては言及していません。

ガレージ内で銃に当たった男の有害は、法医学調査官の監督の下、まだアリカンテ地方にあると推定されます。

ヴィラジョヨサ市役所公報室によると、銃撃事件は戦争が始まって以来、一部のロシアとウクライナの国外居住者が定着した町で発生したそうです。

火曜日に尋ねたら ロシア ドミトリー・ペスコフのクレムリン宮の広報担当者は、モスクワはこの問題について知っていることがないと述べた。

セルゲイ・ナリシキンロシア外務情報局長はクズミノフの死について直接言及しなかったが、記者たちに脱北者が「汚れてひどい犯罪を計画し始めた瞬間、道徳的な死体になった」と話したとロシアのRIAノボスティが報道した。

クズミノフが脱北した直後、ロシアテレビは「ベスティ・ネデリー」番組でクズミノフに関する一編を放送したが、これは脱北者の命に明白な脅威を加えた。 このプログラムで、ある記者は、ロシアの軍事情報機関がすでにクズミノフの命令を受けていると述べ、「命令の履行は時間の問題に過ぎない」と付け加えた。

ラファ・アルゾネス(Rafa Arjones)/情報/ロイター

クズミノフの遺体はスペインのあるガレージで発見されたことが分かった。

映像後半で軍服を着た一人の男が顔を覆ったままこう言った。 「私たちはそのようなことをすることはできません。そのような行動について彼を罰するでしょう。」

ウクライナのために戦うロシア国民からなるウクライナGUR関連団体であるロシア自由軍団(Freedom for Russia Legion)は、クズミノフの家族と友人たちに彼が「真の戦士で正直な人」だったと哀悼を表した。

「ウクライナはマキシムに対するすべての義務を果たし、配送された機器に対して約束された金銭的報酬を受け、ウクライナに滞在しながら平和に暮らすか、ウクライナの軍隊のいずれかで継続して服務するか、EUに」とLegionは声明で語った。

クズミノフは、キエフが発覚しないまま家族をロシアから引き出した後、8月脱北したとGURのキロロ・ブダノフ(Kyrolo Budanov)代表が昨年ラジオ・リバティ(Radio Liberty)に語った。 Budanovは、これがこの種の最初の成功した仕事だと言いました。

クズミノフがウクライナに飛んだとき、彼と一緒にMi-8ヘリコプターに乗った他の2人のロシアの兵士たちは何が起こっているのか知りませんでした。 二人はウクライナに上陸したという事実を悟り、脱出を試みて死亡した。

当時、ブダノフは「私たちは彼らを生きたまま連れて行くことを好むが、実際にはそうだ」と話した。

GURが発表したインタビューで 9月、Kuzminovは脱北について説明した。 彼は戦争に反対したのでロシアを去ったと記者たちに言った。

「私はウクライナの情報局の代表に連絡し、私の状況を説明し、彼らがこのオプションを提案しました。言いました。

彼の脱北は国境近くで飛行していた中、最後の瞬間に行われたようだ。

彼は自分の位置を伝達した後、「一度やってみよう、あまり遠くない」と話した。

「最終決定を下した後、無音モードで非常に低い高度に飛行しました。 私に何が起こっているのか誰も理解していませんでした」とKuzminovは言いました。

CNNのVictoria ButenkoとAndrew Careyはウクライナのキエフで、Al Goodmanはマドリードで取材しました。

READ  砂嵐、危険な汚染が北京に戻る
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours