技術

オペレーター:福島水の放出による影響を最小限に抑える

津波で難破した福島原子力発電所の運営者は、処理された放射性水を海に計画したデータシミュレーションにより、環境、海洋生物、人間への影響が極めて少ないと述べた。

東京電力は海底トンネルを通じて海水を多量の海水に処理・希石海沿岸発電所から約1キロ離れたところで放流する計画だ。

シミュレーションによると、放出点のすぐ上の海水の放射能数値は一時的に若干増加したが、急速に正常値に低下したと東京電力は語った。

政府と東京電力の関係者は、微量に有害でない三重水素は汚染された水から除去することはできませんが、処理のために選択された他のすべての同位体は安全なレベルに減少する可能性があると述べています。 一般原子力発電所における三重水素の制御された放出は日常的なグローバル慣行であると関係者たちは言います。

シミュレーションの結果、発電所から2~3km(1.2~1.8マイル)以内の三重水素値がやや上昇したとTEPCO関係者の松本純一氏が語った。

しかし、一部の専門家は、低線量暴露が海洋生物に与える長期的な影響はまだ不明であると述べています。

TEPCOは、沿岸地域の地元の漁師とその地域のシーフードを定期的に摂取する人の予想される放射線被ばく量は、年間安全であると見なされる1ミリシーベルト未満であると述べました。

日本は排出ガスが国際安全基準に適合していることを確認し、国際社会の理解を得るために国連原子力機関に支援を要請した。

現在、日本に居住している国際原子力機関(IAEA)の6人組チームが20日、原子力発電所を訪問し、計画された排出の準備を点検した。

2011年大規模地震と津波で福島第一原発の原子炉3つがひどく損傷し、多量の汚染された冷却水が漏れました。 この水は約1,000個のタンクに貯蔵されており、オペレーターは来年末に容量に達すると述べました。

READ  3月23日Appleイベント:AirTags、新しいiPad?

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close