経済

オリンピック公式旅行者の数を半分に減らす日本 – 教徒

日本政府は、コロナ19伝染病で、今年のオリンピック公式旅行者数を約3万人で減らすという交渉をすぐに開始すると共同通信が報じた。 報告書は、この問題についての知識を持ったソースを引用して、政府が競争と直接関係のない訪問者数を減らすことを目的とすると付け加えた。

試合延期のために約3万人の選手、コーチ、チームメイトを含む約9万人が海外で入国することが予想される。 報告書は、会談が影響を受ける組織とすぐに開始すると予想されると付け加えた。

オリンピック主催側は、日本が新型コロナウイルスに対する大衆の懸念のために不可欠であると考えられている人々を除いては、海外ボランティアを許可しないと語った。 主催者側はまだ決定を下さなかったが、運動選手の家族も禁止される可能性が高いと東京2020 CEO武藤敏郎が記者会見で語った。

オリンピック期間中の外国人の観衆は許可されず、主催者側は、海外居住者が購入したオリンピックのチケット約60万個とパラリンピックのチケット3万個を返金いたします。 ゲームは7月23日に開始される予定です。

(このストーリーは、Devdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  日本経済協議会委員、地域の最低賃金引き上げを提案

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close