技術

オリンピック – バイヤーはお土産自販機で並ばなくてもされます。

日本の自動販売機は、ピザからタバコ、食用昆虫まで、すべてを販売します。 今オリンピックのお土産を買うことができるところもあります。

東京オリンピックのメディアセンターの公式グッズ売り場には好奇心多くの買い物客のために用意された自動販売機が並んで立っています。 インタラクティブスクリーンを数回タッチすると、顧客はマグカップ、トートバッグ、サングラス、幸運と忍耐を象徴する伝統的な「だるま」の人形を購入することができ、両方のオリンピックとパラリンピックのロゴが刻まれています。

Canadian Broadcasting Corporationの製作スタッフのJohn Einarsonはマグカップ2個を購入した後、「すっきりします。」ボタンを押すと、商品が出て、出て行けばされます。「メディアセンターの昼休みには一台の機械の周りに小さなグループの人々が集まっていることを見ました。買い物客の列は、すでに商品の店舗のドアの外に伸ばした。

国際放送センターをサポートするスタッフソジョンヒョンは「アクセスが非常に高いと考えている」と述べた。 「人々が店に入るには並ぶが、ここで必要なことをすぐに購入することができます。良いと思います。」

(この話はDevdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  IIT Guwahatiと岐阜大学、食品科学と技術分野の共同国際マスターズプログラム卒業生の最初のバッチに学位授与

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close