sport

カズ監督リンゴ “私のことができなくて申し訳ありません」 – J1:日刊スポーツ

横浜FC対名古屋試合後、横浜FC・FWカズ(左)と勝利を喜ん下平監督(撮影・江口和貴)

<메이지 야스다 생명 J1 : 요코하마 FC3-2 나고야> ◇第16節◇13日◇ユニットパーツ

横浜FCはリーグ最低失点を誇る名古屋破り連敗を3から停止した。

FWカズ(三浦知良53)が今季初のベンチ入り。 順番はありませんでしたが、ベンチからチームを奨励し、精神的支柱の役割をした。 グアムの自主トレなどカズのを見続けているFW瀬沼優司(30)が決勝ゴールを決め、「カズさんのおかげ」と感謝した。

◇◇◇

カズのJ1最年長出場任せしかしベンチの存在は大きかった。 4位固守を誇る名古屋で3点を奪って連敗脱出。 後半32分瀬沼はカズから学んだFW格言「心は熱くプレイは冷静に」の言葉通り出てきたボールを右足で落ち着いて振り抜きゴール。 瀬沼は「絶対に決めてくれるという感じはありましたが、撮影の瞬間には冷静に塗りした」と笑顔を浮かべた。

瀬沼はカズとグアムの独自の教育交互浴などピッチの内外で過ごす時間が長く、「弟」のような存在。 ベンチよりも時間が長かったが、カズの毎日の練習 “と努力すると、出てくる使えば活躍しそうだ」と肯定的な言葉を続け受けて移転を回した。 瀬沼は「カズさんは、否定的な言葉を一言も発せず、黙々と努力している。カズさんの背中を見ながら、意欲を維持していたことが、今日の結果につながった」と回顧した。

カズは試合後奮闘した選手を迎え下平監督と抱擁した。 指揮官が「私のことができなくて申し訳ありません」と声をかけるとカズは「勝つことが重要」と話したという。 下平監督はベンチから仲間を励まし、続けカズ “肯定的な救済の雰囲気が、このような難しいゲームを勝利に導いた要因」と感謝し、「私自身も出場してほしかった。次の機会にと思います」とリーグでの起用計画を示唆した。[이와타 치요 뱀]

READ  ヤクルト連敗5で固定DeNA反撃及ばず/詳細 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close