スポーツ

カヌーレーシングカーデザイナー、日本のノーのためのカヤック再現

2020年東京オリンピック – カヌースラローム – 男性K1 – 予選 – Kasai Canoe Slalom Centre、Tokyo、Japan – 2021年7月28日。 日本のKazuya Adachi試合中REUTERS / Stoyan Nenov

東京、7月30日(ロイター) – 日本のカヤック選手の和也足立(Kazuya Adachi)が以前にカヤックを設計したことがなく、開始する前に、一度も見ていなかったレーシングカーのエンジニアが制作したカスタムボートで欧州カヌーを征服しています。

成形カーボン複合パネルで合理化レーシングカー製作する会社Mooncraftの創設者であるTakuy​​a Yuraは「他のカヤックを見て見ていないので、Adachiのボートが他のカヤックとどのように比較されるかよくわかりません。」と言いました。

スポーツと同様に、カヌーやカヤックのデザインは、ほとんどのコンチネンタルで、スロバキアのVajdaのようなメーカーは、世界最高の手札立ち寄っが使用するほとんどのボートを製作します。 Mooncraftはそれらをコピーする代わりに、2年に渡ってAdachiのための一連のカスタム炭素繊維ボートを製作して、最初から開始することを決定しました。

モータースポーツと同様に、カヤックとカヌーは、厳格な重量と寸法を遵守してください。 Mooncraftは、最初に重量をスポーツの最小9kgに下げるために困難を経験したとYuraは言いました。

COVID-19感染症が原因でゲームが1年延期され、2018年の素材メーカーであるToray Industries(3402.T)に買収された会社が設計を完成するために、より多くの時間を費やしました。

YuraはMooncraftのカヤックプロジェクトにコストがどのくらいかかるのかを明らかに拒否しAdachiは、コストを支払うことなくがあります。

Kasaiスラロームセンターの人工急流でAdachiは最新モデルである10番のボートを予約した状態で、9番のボートを使用しています。 YuraはAdachiが、他の牌立ち寄っが使用するよりも堅いカヤックをワンたました。

金曜日カヌースラローム準決勝に出場する予定の足立は「このコースに合ったボートがあります。」と言いました。

これまで許可された9つのスラロームのメダルのうち7つは、欧州パドル選手が獲得しました。

世界の59位の強力な成績は、日本でこのスポーツの人気を高めるのに役立ちますが、Yuraは、独自の領域では、欧州のボートメーカーを相手にすることができる機会を提供することもできます。

ユラは「フランスで誰かに接近した」と述べた。 「しかし、完全な生産に入ることはAdachiのためカスタムカヤックを作るのと同じです。」と彼は付け加えました。

東京で開催されるカヌーのイベントはYuraと彼のエンジニアが、他の牌立ち寄っが使用するカヤックを初めて見てみたのです。

ユラは「私たちは、そこに実際に行きたいと思っ。

チームケリーの報告; スティーブンコーツの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本は、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したのかもしれない言いました。 領土に陥るなかった

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close