トップニュース

カピバラはリンゴが浮かぶ熱いお風呂を楽しむ。

東京北部那須市にある動物園の毛皮のカピバラたちが約100個のりんごが浮かぶ熱いお風呂を楽しんだ。

Nasu Animal Kingdomのスタッフは、もともと南アメリカのアマゾン地域からの巨大なげっ歯類に冬の暖かさを提供するために屋外プールを作りました。

カピバラは日本人に良い温かいお風呂をする日である金曜日におもてなしを受けました。

訪問者は温かい水で動物が好きな食べ物の一つであるリンゴをかき混ぜる姿を見てきました。

茨城県水戸市から子どもたちと一緒に来た父親は、動物たちがお風呂に入る姿を眺めるのがゆったりと、直接温泉に行きたいと言った。

リンゴバスは1日のイベントでしたが、飼育会社は訪問者が3月中旬までカピバラを入浴させるのを見ることができると言います。

READ  日本が芸術のハブになるための租税構造再調整

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close