カプコン、ストリートファイター6でデザインするのが最も難しかった復帰キャラクターと新人が誰なのか明らかにする

1 min read









Street Fighter 6の大規模なリリースが2週間少し以上残り、ファンはリリース前に入手できるすべての情報を要求しています。 Capcomはこれを認識し、最近 Q&Aライブストリーム 今後のタイトルに関する人々の数々の質問に答えました。





これらの事前選択された質問は、Capcomがストリートファイター6にジュークボックスモードを含めるかどうか尋ねることから開発者のメインが誰なのかという質問まで様々であり、セッション中にゲームの監督である中山貴之とプロデューサーである松本修平も開発過程にについて議論しました。 最もデザインが難しいキャラクターが誰かという質問が出て、幸いにも戻ってきたファイターと新規移民者の両方に答えを与えた。









新しい移民については、ストリートファイター6にはリストにかなり複雑なキャラクターがあります。 JPのようなファイターはサイコパワーを活用し、フルスクリーンコマンドグラブ、地面に現れるスパイク、画面に配置することができ、発射体として機能するだけでなく、彼が自分の位置にテレポートします。


JPの存在にもかかわらず、開発チームは実際に他の予期しないキャラクターで苦労していたようです。


開発者たちは翻訳者を通じて「新規キャラクターの中でキンバリーが特にデザインしにくかった」と話した。 「コンセプトは本当に早い段階からだったが、具体的な方向に到達するのは難しかった。 [for her]。 今回のコンセプトは、アメリカン忍者スタイルのキャラクターと [we] 方向のためにサイバー忍者について考えましたが、最終的に私たちが持っているKimberlyで終わりました。


今戻ってくるワールド・ウォリアーには、Dee Jayのようなファイターが含まれます。 Dee Jayは依然として独自のトレードマークインツールを使用できますが、ほぼ全く新しいプレイスタイルとストリートファイター6でできる一連の作業があります。 デザインが一番難しいですか? いいえ。 その質問に対する実際の答えは、古典的なストリートファイターライバルのChun-Liです。


開発者たちは、「レガシーキャラクターの場合、春理は最も難しかったでしょう。多くの人が彼女を愛し、みんなの理想的な春理が少しずつ違うからです」と開発者たちは言います。 「複数のデザイナーがそれぞれのアイデアを持っていたが、Chun-Liは合意に達するのが難しかった」


ストリートファイターのこの繰り返しでは、Chun-Liのプレイスタイルに新しいアプローチが追加されました。 彼女はまだSpinning Bird Kicksを叩いてKikokensを撃つことができますが、Street Fighter 6では、Chunはプレーヤーが通常彼女に慣れているよりも急な学習曲線を持つ姿勢のキャラクターです。


Chun-Liがデザインに復帰するキャラクターの中で最も難しいのは確かに驚くべきことですが、実際には12月にStreet Fighter 6のアートディレクター、Kaname Fujiokaから同様の話を聞きました。 GameInformerとのインタビューで、富士岡は、チュンの新しい外観を作ることは特に難しかったと述べた。 彼女の元の創作者の一人が彼のメンターの一人だったからです。 伝説的なカプコンアーティストのアキラ「アキマン」ヤスダに言及した可能性が高い。


富士岡氏はGame Informerを通じて「特にChun-Liの原作者の一人が私のメンターであるため、彼女はおそらくこのタイトルでデザインするのが最も難しいキャラクターの1つです」と語った。 「私は確かにそれを尊重し、Street Fighter 6に適したChun-Liバージョンを作成したい」


CapcomはQ&Aストリームでゲームデザインプロセスに関する他の興味深い情報を共有しました。 たとえば、Jamieが元々自分とは全く違うキャラクターになることがあります。 初期の段階では、ジェイミーはテッケンのレイ・ウーロンやジャッキー・チャンとはるかに似た戦闘機になることができましたが、結局彼は通りを安全に守りたい若い酔ったボクサー/ブレーキダンサーになりました.


Street Fighter 6は2023年6月2日のリリースを準備しています。 PlayStation 5、PlayStation 4、Xbox Series X | S、およびPCで使用できます。










READ  この愉快に長いジープ・ラングラーは6人で、販売用です
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours