トップニュース

カンジ、クラウンゴルフジャパンでT-47完走

インドゴルファーラヒルカンジが日曜日日本ツアークラウンズで開かれた決勝ラウンドで1オーバーパー73打を打ち、T-47で仕上げた。 ジャパンツアー1回優勝者のカンジは69-71-68打を打って合計1オーバー波281打を打った。

日本の稲森由紀(Yuki Inamori)が7アンダー派63打で韓国のファン・ジョンゴン(Junggon Hwang)を2位に押し出した。 黄代表は日本ツアー5勝を狙っていた。

稲森は最終合計16アンダー波264打で締め切りで優勝を確定した。 今回の優勝でイナモリはジャパンオープンゴルフで最後の優勝以来2年ぶりにウィナーズサークルに復帰した。 2020年のチャンピオンシップ。

Inamoriは2つのオープニングバディですぐにブロックを外れました。 彼は3打を落としたが、8番と9番のバディで外向き32番のバディに素早く回復しました。 その後、27歳の選手は、10番と12番の追加バディで自分のカードを表示した後、メリットを拡大しました。 16番と17番ホールで2つの連続バディで決勝船に向かって突進する前に3つの連続波を打ちました。

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートフィードから自動的に生成されます。)

READ  日本のChugai、COVID-19抗体の薬物使用の拡大

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close