スポーツ

カンジ、日本ツアーで6位

最近数試合で自分のカードを維持しなければならなかったインドゴルファーRahil GangjeeはISPS Handa Datsunで1ラウンド64打(72打)、6アンダー波共同6位を記録し、ここでベーストーナメントに進出した。

2ラウンド1位は、日本の上竹裕太(65-68)、スコット・ヴィンセント(66-68)、池村智也(68-66)が共同2位に上がった。

日本ツアー4年目に出場したカンジは初日ミホGCでバディ8個と見て64個で良い出発をしてフィールドを主導した。 「私はこのすべてをショーンにお世話になっています。ショーンのおかげで魔法のように働きました」と彼は言いました。

カンジは今シーズンパッティングに問題があり、マネーリストで81位に上がりました。 彼は2週間前ブリッジストーンオープンでパターを変えたが、問題が解決されずカットを逃した。

大会に行かず、過去2週間JOYXゴルフクラブに通ったが、それも役に立たなかった。 ”しかしなんかショーンとの練習ラウンドが奇跡を作った。 パッティングは本当にうまくいった」と述べた。カンジはまだ免除のないJTカップを含めて6試合だけ残った。これが終了します。

「マネーランキングに上がらなければ、12月にQTと対抗しなければならない」

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートされたフィードから自動的に生成されます。)

READ  障害のスポーツブックは、日本のイベントの発展を調査し

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close