経済

グリッチに悩まされているみずほは、主要な日本の銀行のロビーの手綱を拒絶である

TOKYO-Mizuho Financial Groupの代表は、日本の大手銀行業界グループの会長を拒絶する代わりに、会社の最近の情報システムの問題に焦点を当てる予定です。

堺達郎入江社長兼CEOは、4月1日三菱UFJフィナンシャル・グループカー兼続マイク会場から、日本の銀行家協会会長を務める予定だった。 この職責は、一般的にSumitomo Mitsui Financial Groupも含まれている、日本のメガバンクトリオの最高幹部の間で毎年交換されます。

堺は2月と3月に約2週間、4回のシステム停止が原因でATMが広く中断されて外貨で表示された電信送金が遅れる後、以前に移行を延期した。

彼は現在、みずほの最近の苦痛を考えると、日本の銀行業界をイクルギガ難しいと信じて、その場を完全に拒絶することを考慮している。 彼は3月中旬に会社が設立された独立したパネルからのフィードバックを受けた後、最終的な決定を下す予定だ。

みずほは、2011年にシステムの問題でJBA会長を断った。

Mikeはしばらく継続して協会をリードします。 三井住友社長兼CEO高島誠が7月JBA会長を引き受ける予定だ。

READ  目標は、「三河屋の三平氏「地方銀行再生の鍵は、原点回帰 - 構造調整圧力の - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close