ケニア・セブンズ、日本を抜いてドバイチャレンジャーシリーズ準決勝進出

Estimated read time 1 min read

2024年1月13日土曜日20:17 | によって

チーム写真のケニア7s。 写真/(@KenyaSevens)/ケニア7s/X

ケニア 7s 土曜日の夕方、日本を相手に激しい接戦を繰り広げた後、21-19に勝利した後、現在進行中のドバイチャレンジャーシリーズで準決勝進出を予約しました。

昨シーズンワールド7で降格され、同じ運命を迎えた日本とケニアは、4強進出に対する希望を育てるために8強勝利を狙った。

結局、必ず必要な勝利を収めたのは東アフリカチームであり、ドイツに敗れた後、ドバイで初敗北を経験した後、勝利を収めた。

一方、タニカナ・キッペイ(Kippei Tanikana)が全試合を成功させ、5-0リードを達成しながら1位を占めたのは日本でした。

ケニア人は反撃し、Nygel AmaitsaとAnthony Omondiの最終的な転換を通じて得点に成功しました。

ケニアの7-5リードは長く続かなかった。 極東諸国は試みに成功した野口吉弘の攻撃で12-7リードを獲得した。

スジャヤは、オモンディが転換する前に14-12リードの試みを続けたため、日本の復活のためキャンセルされませんでした。

ケニアはOdongoの3回目の試みと成功した転換によって21-12にリードを拡大しました。

日本は引き続き戦い、彼らの戦いは丸尾高正(Takamasa Maruo)の得点でケニアの格差を21-19に減らした。

Shujaaはトンガ – ウルグアイ大会で勝者が出たとき、準決勝の相手を知るでしょう。

ドイツを相手に試合中のケニア7s(シュザ)選手たち。 写真/Michelle Ntalami/Twitter。
ドイツを相手に試合中のケニア7s(シュザ)選手たち。 写真/Michelle Ntalami/Twitter。

ドイツへの敗北

一方、ケニアは8強でドイツに敗れ、ドイツは24-12で勝利して勝利した。

ヨーロッパと対戦する前、ケニアはアフリカ人7代シリーズで6連勝を収め、ドバイチャレンジャーで2勝をさらに収めました。

ケニアはケビン・ウェケサのシンビニングの後、ドバイでドイツと数的に不利な状況に直面しました。

これはドイツがJohn Daweを通じて機会を最大限に活用し、得点した瞬間でした。

Shujaaは、休憩直前にPatrick Odongoが全速力で得点を試みた後、Anthony Omondiの移行に応じて同点骨を置いた。

チームリヒテンベルクは後半序盤2回の試みに成功し、オ・ドンゴが得点に成功してマージンを5点に減らした。

ドイツはリヒテンベルクのハットトリックで24-12勝利を収め、ケビン・ワブア監督が中国とウガンダに対して勝利を収めた後、シリーズ初の敗北に遭った。

READ  世界野球ソフトボール連盟
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours