トップニュース

コロナ19緊急事態、計画通りに終了は難しい:日本の厚生大臣

日本の厚生大臣は日曜日、日本が急増するコロナウイルス感染や医療システムの負担を抑制するためにはまだ苦労しているので、予定された9月12日に期限切れ予定COVID-19緊急事態を解除することが「非常に難しいだろう」と言いました。

田村ノリ久厚生はNHK TV番組で「現在の状況を考慮すると、日本の47都道府県のうち21都道府県の緊急事態宣言を予定通り終了は非常に難しいだろう」と述べた。

田村ノリ久日本の厚生労働相が2021年8月26日、東京で参議院委員会の会議で演説している。 (教徒)

たとえば、東京の毎日COVID-19事例の数が500人未満である緊急事態が解除されると、彼は言いました。 首都は日曜日3,081人の新しいCOVID-19の事例を見ており、すぐに減る兆しが見えません。

緊急事態宣言の延長についての議論は、9月29日、日本の自民党党首選挙が予定されており、9月17日から選挙運動が始まる中、出てくる。

党代表を兼任している菅義偉首相は党指導部競争と衆院解散についての質問にコロナ19対応を最優先課題に置いていると重ねた。 県議員の任期は10月21日までだ。

政府は今月初め、緊急事態宣言の解除を8月末から9月12日までに延長し、措置対象を8つの都道府県に拡大して全21都道府県とすることに決定した。

伝染性の高いデルタ変種により、全国的にコロナウイルスの事例が急増するにつれて、病院はCOVID-19患者で継続緊張しています。

TamuraはTV番組で「病床数を増やすことが非常に重要です。

先週、政府と東京都は、日本水道のすべての医療機関に病床を確保して、できるだけ多くのCOVID-19患者を収容することを要求された最初の国家レベルの要求に当局が病院名を公開することができますしました。 従わないの正当な理由がないこと。

田村は恣意的にリクエストに応じなくても、すべての医療機関の名前を公開するつもりはないと述べた。

改正された感染兵法に基づいて初めて要請したが、保健の専門家たちは、措置の効果が不透明だという立場だ。


関連の適用範囲:

専門家は、平均の下落で、東京のテストされていないCOVID事例について警告します。

日本がコロナ19緊急事態を8つの県に拡大することを決定した。

日本政府、東京の病院に、より多くのCOVID患者収容リクエスト


READ  日本の男は誇らしげに妻の姓を持っていった理由

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close