ゴールドマンサックス、突然の反転で日本取引銀行退出

Estimated read time 1 min read

ゴールドマンサックス(Goldman Sachs)が日本大企業のキャッシュフロー管理事業に進出する計画を発表してから1年も経っていないため、日本取引銀行から手を離した。

東京のスポークスマンである松本宏子は、電子メールの声明を通じて「私たちは日本でこの事業を構築することから退いている」とし、「結果的に私たちはこの市場で取引銀行業務を支援することが唯一の役割であるゴールドマンサックス銀行米国東京支店を閉鎖することになった」と明らかにした。 」

松本は、銀行が米国、英国、欧州連合で取引銀行業務の成長に集中し続けると述べた。

デビッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)は、着実な手数料創出のために事業拡大に注力してきました。 ウォールストリート会社は、2023年4月にアジア初の国である日本でサービスを開始する計画だと明らかにしました。

Goldman Sachsは、2020年に米国で大企業のための資金処理事業を開始しました。 その後、取引や投資銀行などのボラティリティの高い分野のバランスをとるために、イギリス、ドイツ、オランダにもこの事業を導入しました。

銀行部門は2021年、日本金融庁から企業現金管理運営許可を受けました。 以後、同社は海外日本企業を対象にドル決済などのサービス提供を開始した。

READ  日本経済展望 - OMFIF
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours