トップニュース

サラリーマンの親友:日本のオフィスは、コロナ19以降の勤務シフトで犬を許可します。

2017年10月2日、日本の千葉幕張メッセで開催されたCEATEC JAPAN 2017(Combined Exhibition of Advanced Technologies)で、富士通株式会社のロゴが撮影されました。 REUTERS/Toru Hanai

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

川崎、日本、9月22日(ロイター) – 日本の「サラリーマン」軍隊は事務所で無限の時間を過ごすことで有名だった。 今、1つの技術的な大物はペットを許可し、経験をもっと抱きしめるように努めています。

エアコンからスーパーコンピュータまで、あらゆるものを作る富士通株式会社(6702.T)は、7月に東京近くの川崎にある建物に実験的な「犬の事務所」をオープンしました。

COVID-19大流行期間中に在宅勤務をした後、Yuka Hatagakiは5歳のMaltese-poodleの十字架であるNoelと共に毎月何度もオフィスに誘われた富士通の職員でした。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

畑垣はロイターとのインタビューで「遠隔勤務が日常化し、コミュニケーションがより難しくなった」と話した。 「それで、ここが私たちの子犬の助けを借りて、ここに来て他の人とコミュニケーションするのに良い場所になると思いました。」

この計画は日本企業よりシリコンバレーに近いが、COVID-19感染症は作業パターンの急激な変化を加速した。 OECDデータによると、日本の遠隔勤務は2019年12月から2020年5月の間に10%から28%に増加しましたが、依然として多くの主要経済国より低いです。

広告会社Dentsu Group Inc(4324.T)と物流プロバイダーNippon Express Coは、より多くの労働者が自宅で働いてコストを削減するために中央東京本社を売却することを検討している会社の1つです。

しかし、ファンデミックが発生してから2年が経ち、感染が沈んで振り子が再び事務所に戻っているという兆候があります。 特に日本生産性本部(Japan Productivity Center)研究員の調査によると、20~30代の在宅勤務が急激に減少したことが分かった。

標準ワークスペースから分離され、年末までに試験運営される富士通の犬のオフィスには、3人の従業員のためのワークステーションと、一度に最大6匹の犬のためのスペースがあります。 防汚カーペットや様々なペット用品も提供しています。

しかし、30歳の畑垣は、彼の犬と一緒に働くという約束のために事務所に戻ってきましたが、富士通はこのプロジェクトの目的は従業員を建物に戻すことではないと言います。 富士通と金融サービス会社のNomura Holdings Inc(8604.T)は、ファンデミック後も在宅勤務を恒久的なオプションにすると述べた会社の1つです。

富士通の業務スタイル戦略責任者の三菱赤松氏は、「COVID以来、職場生活や個人生活に大きな変化がありました。

彼は「まだ試験段階なので、長期的にペットと一緒に働く方法を固守するかどうかは大胆ではないが、個人的に私たちの社会全体に広がる姿を見るのが良いだろうと思う」と付け加えた。

別の犬のオフィスユーザーである井上真由美は、感染症の間にペットの飼い主になりました。 彼女は、職場に来るのが6ヶ月になったポメラニアントラマル(Toramaru)という子犬にもいくつかの利点があると述べました。

Inoueは、「家にいるときよりも犬は犬の友達と人々に会うので、彼らにも良いインセンティブがあります」と言いました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Rocky Swiftの報告。 ノミヤマチーズの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  MSI Creator 15レビュー:ゲームの日に良いバランス| ギズモ・ジャパン

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close