経済

サンディスク、最大転送速度2GB / sを実現したUSB 3.2 Gen2x2サポートポータブルSSD – PC Watch

サンディスクエクストリームプロポータブルSSD V2

 ウエスタンデジタルサンディスクブランドよりポータブルSSDの新製品3種を発表した。 価格はオープンプライス。

サンディスクエクストリームプロポータブルSSD V2

「サンディスクエクストリームプロポータブルSSD V2」は、最大転送速度2,000MB / sを実現するポータブルSSD。 第2世代に該当する製品に容量は1TB / 2TBを用意。 11月初旬から発売予定で、店頭予想価格はそれぞれ30,000円前後、55,000円前後の見込み。

ケースのデザインはそのままに、初代に比べて転送速度が約2倍に大幅な高速化を実現した。 接続インターフェイスはUSB 3.2 Gen2x2で順次読み取り/書き込み速度は、すべて2,000MB / sを発揮。 4K動画や高解像度の写真などの大容量データの転送に対応することができているという。 鋳造アルミシャーシ(赤色部分)の採用で放熱性と耐久性を向上させ、最大2mの落下を防止し、IP55の防塵・防滴性能を持つ。

AES 256bitのハードウェア暗号化とパスワード保護機能などを備えたセキュリティも強化。 Windows 7以降/ Mac OS X El Capitan以上をサポートし、USB Type-Cに対応したスマートフォンでの利用も可能となっている。 本体右側には、持ち運びに便利なカラビナループも装備する。

本体サイズは約57.8×10.3×110.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量は77.5g。 5年間の限定保証が付帯される。

サンディスクエクストリームポータブルSSD V2

サンディスクエクストリームポータブルSSD V2

「サンディスク・エクストリーム・ポータブルSSD V2」は、最大1,050MB / sの転送速度を実現するポータブルSSD。 こちらも第2世代に相当し、容量は500GB / 1TB / 2TBを用意。 12月発売を予定しており、店頭予想価格は順に15,000円前後、25,000円前後、45,000円前後の見込み。

内蔵SSDの仕様が招待SATA SSDからNVMe SSDに変更され、既存のモデルとほぼ同じケースを採用しながら転送速度が約2倍速くなった。 シーケンシャルリード速度最大1,050MB / s同ライト速度で最大1,000MB / sを発揮する。

セキュリティ機能としてAES 256bitのハードウェア暗号化とパスワード保護機能などを備えています。 接続インターフェイスはUSB 3.1 Type-Cとなる。 手で滑って難しいシリコンケースを採用するほか、最大2mの落下を防止し、IP55の防塵・防滴性能、カラビナループも備える。

対応OSは、Windows 7以降/ Mac OS X El Capitan以来。 本体サイズは約52.5×9.6×100.8mm(同)、重量は52g。 5年間の限定保証が付帯される。

サンディスクポータブルSSD

サンディスクポータブルSSD

「サンディスクの携帯用SSD」は、価格を抑えたエントリーモデル。容量は480GB / 1TB / 2TBで、店頭予想価格は順に1万円前後、15,000円前後、27,000円前後の見込み。12月発売を予定してている。

シーケンシャルリード速度最大520MB / sを発揮するSSDを内蔵。 接続インターフェイスはUSB 3.1 Type-Cとなる。 本体右側には、ベルトなどで固定することができるゴムリングを備え、最大2mの落下耐久性も確保する。

対応OSは、Windows 8.1 / macOS High Sierra以来。 本体サイズは約46.9×9.91×96.9mm(同)、重量は40g。 3年間の限定保証が付帯される。

サンディスクエクストリームプロポータブルSSD V2(左)、エクストリームポータブルSSD V2(中)ポータブルSSD(右)

READ  iPhone 12発表で「指紋」「ホームボタン」「USB-C」が続々とトレンドが、その理由は、(ITmedia NEWS) - Yahoo!ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close