トップニュース

シリアはワールドカップ予選、次のステップで、日本に参加


ドーハ(AFP) – シリアはMardak Mardikianの前半2塁転移グアムに3-0で勝ち、月曜日A組1位を確定するのに役立ちました。

シリアの7番目の勝利は、来年のカタール大会で、アジアで4つの桁を占めるために、以下の手順で競合する12チームに属するされました。 大陸の5番目のチームが大陸間プレーオフを介してカットを行うことができます。

マルディ銭には、アレキサンダーリーヘディングクリアランスを利用して06分、グアムのGKダラスジェイを抜いシャルジャスタジアムでシリアをアプソゲた。

29歳のストライカーは、3分後にJayeのネット上部コーナーを発見したKhaled Kerdagliクロスで華やかなフライングバリで彼のチームのリードを2倍にました。

金曜日モルディブを相手にハットトリックを記録したマフムードアル – マとスナビル言葉ウールのミッションを果たしながら、試合後半に3-0を記録した。

また、A組で、中国は6試合で、4勝を記録し、フィリピンを2-0で勝ったが、13得点でシリアを8車追撃して4位の2位チームの一つになることを願うだけだ。

C組では、イラクが、カンボジアを4-1で下し、6試合で14得点で1位を占めており、イランはバーレーンを3-0で下し、2位に立った。

モハナードアリ、バシャール羅山、アリアドナンは前半で、イラクのために三振を打ちサファハーディは後半ストライキでゴール試合を終えた。

イランはサル違うアズ問い合わせ後半ブレースがよく当たったMehdi Taremiは遅いストライクに敗走を完成しました。

UAEはドバイで、タイに3-1で勝利を収めG組での機会を維持しました。

しかし、エミーラティスインドネシアを4-0で下し、14点を記録したベトナムを流れる。

– 南野レベルホンダ –

この日、日本はワールドカップ予選初ゴールを許したが、それでも、タジキスタンを4-1で勝つことができました。

既にF組1位を確定した日本は、キョゴ古橋の6分ゴール2位、タジキスタンを相手に先頭に立った。

しかしEhsoni Panjshanbeは3分後に同点にヘディングし、日本の守備陣は7つの予選で初めて失敗しました。

巧南遊ぶ日本を再び首位に引き上げ得点連続7連勝をワールドカップ予選まで延長した。

橋本ケントと川崎べ駿の最初の国際ゴールはF組でわずか1失点で41ゴールを決めた日本に安全な試合をした。

昨シーズンをサウサンプトンから賃貸へ送ったリバプールのフォワード南遊ぶ7試合得点を記録し、日本の英雄である本田圭佑が立てた全国新記録を立てました。

彼は日本で最初の出発をしていた前の交友古橋のパスを完了しました。

「このような偉大な選手と一緒にレベルを上げることができてうれしいです。」南炉た。

タジキスタンはこの日、モンゴルに1-0で敗れたキルギスの後、2位を維持した。

他の場所では、ヨルダン、ネパールを3-0で勝ったオーストラリア、インドは、バングラデシュを2-0、ワールドカップ開催国のカタールは傲慢を1-0で勝ちました。

READ  レッドブルF1「ニューウェイハイレキコンセプトを信じている」[F1-Gate.com]

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close