エンターテインメント

スタジオジブリ映画に登場した114年の日本のキャンディーにインフレで終止符

TOKYO – 人気アニメ映画でも登場するほど象徴的だった代々食べて愛される日本のキャンディーが原材料価格とエネルギー価格暴騰の犠牲となり、最後を迎えました。

東京に本社を置く Sakumaseika は、水曜日に生産コストの上昇、労働力不足、主要製品である Sakuma’s Drops の販売減少により、来年 1 月に閉業すると発表した。

赤いスチール缶に入った硬くてカラフルなフルーツドロップがトレードマークであるキャンディの廃止で、日本は哀悼の対象となりました。

お菓子屋さんである直江渡辺(53)は「小学校の時に家にいつも缶があった」と話した。 114年間コーナーキャンディーショップで。

「時代の痕跡が感じられる。 幼い時と比べると今は選択の幅が広すぎる」と話した。

Sakumaseikaは、何年もの間イチゴ、レモンなど8つの味で構成された製品の価格を引き上げていないと述べた。 多くの日本企業は、顧客を失うことを恐れて、値上げや高騰する投入コストを完全に転換することを躊躇しています。

Sakumaseikaの従業員100人ほどの未来はまだ不確実だと会社関係者は言いました。 会社はこれ以上の言及を拒否した。

1908年に製菓業者のSojiro Sakumaによって設立されたSakumaseikaは、第2次世界大戦の空襲でキャンディーを生産し、アニメーション巨人Studio Gibliが1988年に映画Grave Of The Firefliesでキャンディーを不滅にするようにインスピレーションを与えました。 。

戦争中を背景にしたこの映画では、兄弟と一緒に暮らすために苦労している孤児少女は、家が破壊された後、兄弟姉妹の数少ない所有の一つであるSakuma’s Dropsの赤い缶を彼女と一緒に運びます。

READ  FIFAワールドカップ2022 |開幕後、スタジアムでゴミを取り除く日本のファン。 ジェスチャーは地元の人を気絶させます。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close