スポーツ

スノーボード – 日本のヒラノ、歴史的なハーフパイプのトリックでショーを盗む

日本のスノーボーダーは、Yuto TotsukaがDew Tour男ハーフパイプで優勝し、Ayumu Hiranoが初めてフロントサイドトリプルコルク1440を着地するなど、来年北京冬季オリンピックで授賞台に上がった理由を示しました。 https://twitter.com/DewTour/status/ 競争で1472651132229070848です。 Hiranoは5位を記録しましたが、3つのヘッドオーバーヒールフリップとボードをつかみながらツイストで構成された危険なトリックを試してショーを盗んだ。

平野は「初めて大会でトリプルコルクを着地することができてとても嬉しかったです。「ゲーム開始です」。

女子大会ではアメリカのChloe Kimが96.00点でスペインのQueralt Castellet、中国のXuetong Caiを抜いて1位を占めました。 キム・ヨナは最初の2失点から倒れて7位に落ちたが、カステッレを1点車に先んじて完璧に近い3失点で優勝を獲得した。

キム監督は「ストレスがひどすぎた。3回で決勝戦がそのような状況になれば嫌だ」と話した。 「特にオリンピックが近づいてくる状況で、ストレスの多い状況に直面するだけでも大変重要です。

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートフィードから自動的に生成されます。)

READ  インド、日本、米国西海岸のePrixを対象とするFormula E

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close