スポーツニュースインド系アメリカ人Theegalaは日本で8位を占めました。

1 min read

印西 [Japan]、10月15日(ANI):Sahith Theegalaは、最初の9つから7つのバディと見なしに素晴らしい7アンダー2打を記録し、2番目の9つではイブン波を記録しました。 彼はパー4 4番ホールでダブルビューを相手にバディ2個を捕まえ、そこから水の中に入った。 彼の総合7アンダー派63打はこの日最高のカードだった。

以前71勝67敗に続き、現在は9アンダー派201打で共同8位に上がった。 イガラは14アンダー派の先頭であるリッキー・ファウラー(66)に5位遅れた。 ファウラーの初期ラウンドは67勝63敗で、最後のラウンドで勝利して3年を超えました。

また読む| UAE対NED Dream11チーム予測、T20ワールドカップ2022:ジロンで開催されたアラブ首長国連邦対オランダのクリケットゲームで最高のファンタジープレイXIを選択するためのヒント。

キーガン・ブラッドリー(66)は13アンダー派で2位、36ホールをリードするアン​​ドリュー・パトナム(68)は12アンダー派で3位に上がった。 ビクター・ホブランド(64)が4位、マーベリック・マクニリー(64)、キャメロン・チャンプ(64)、ヘイデン・バークレー(64)が共同5位に上がった。

ゾゾデビューのために日本でとても興奮しているイガラは、「最初の29番。はい、本当に面白かったです。序盤に良いパッティングを何度もしましたし、その後は本当に近いショットを打ち始めました。良い数字を持っていて、数字が正しい日の1つだけで、私はちょっとしたピンを解雇しました。で本当に楽しい一日でした。」

また読む| 退任するBCCI会長のSourav Gangulyが大統領職のためのCAB選挙に挑戦します。

Theegalaは9ホールで素晴らしい9アンダーを記録しました。 「いいえ、私は9ホールで7アンダーを打ったことがありません。そうではありません。確かに11ホールで25フットのように作られたカップルがあるようでした。少しボーナスを感じました。私は本当にうまくいきました。です。

「本当に素敵でした。人々はここで最高の部分を占めました。まあ、食べ物と一緒に。人と食べ物が結ばれていると言うことができます。はい、今日(3ラウンド)ファンはまた素晴らしいです。私は遊んでいました。後に先頭グループのすぐ後ろにいて二人は後ろに残って応援をしてくれたようだ」と付け加えた。 (アニメ)

(これはSyndicated Newsフィードで編集されず、自動生成されたストーリーであり、LatestLYの従業員がコンテンツ本文を編集または編集していない可能性があります)

READ  オーストラリア対チャイニーズ台北のオリンピック予選の試合、開始時間、視聴方法、ラインナップ、結果、スコア、最新ニュース
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours