ソン・フンミントッテナムが7月に日本を訪問

Estimated read time 1 min read

トッテナム・ホスパーは今年の夏33年ぶりに日本を訪問し、ビッセル神戸とのプレシーズン競技を7月27日に行うとロンドン球団が木曜日発表した。

スパーズの日本訪問は2022年韓国、翌年シンガポールを訪問したのに続き、もう一つのアジアフリーシーズンツアーだ。 ロンドンチームの最後の日本訪問はFAカップ優勝以来の1991年でした。

韓国主張のソン・フンミンが率いるトッテナムは、東京日本国立競技場で神戸と対抗する。 神戸はもはや2018年から2023年までチームでプレーした元バルセロナのミッドフィルダーアンドレアス・イニエスタの本拠地ではありません。 この年は、彼らが初めてJ1リーグで優勝した年です。

トッテナムのアンジェ・ポステコグル監督も横浜F.マリノスと共に2019 J1リーグを優勝するなどJ1リーグ経験がある。 マリノスは15年ぶりに球団の初優勝を占め、ポステコグルーをJ1リーグ優勝を占めた最初のオーストラリア監督にした。

「今夏、ビセル神戸とのエキサイティングな試合のために、トッテナム・ホスパーを日本に連れて行くことができて嬉しいです。 今回の親善試合は2024-25シーズン準備のもう一つの段階になるでしょう。

「日本は私がそこで働いてからよく知っている国です。 それは情熱的なサッカーファンでいっぱいで、私たちがそこにいる間、選手たちは日本の国立競技場の雰囲気を味わうだけでなく、地元の文化を体験して良いことを支援できることを期待しています。

声明によると、プレシーズンツアー中、トッテナムは日本の若い選手が技術を学び開発できるようにワークショップを開催する予定だ。

ロンドンクラブはまた日本スパース、大阪スパース、神戸スパースなど日本の公式クラブサポーター3人とも会う予定です。

プレシーズンの試合とチケットの販売に関する詳細はまだ発表されていません。

ペク・ジファン記者 [[email protected]]

READ  仏オープンのタイトルのために最初に会うのファイナリスト
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours