ダルビッシュ・ユ、NPBとMLB通算200勝を達成した3番目の日本人投手になった

1 min read

SportsLookで全記事を読む – Yu DarvishがNPBとMLBを合計して200勝を達成した3番目の日本投手になりました

去る4月30日の首が締まる症状で15日間の負傷者名簿から復帰した後、ベテラン投手ダルビッシュ・ユガ乗り場中だ。

5月19日日曜日、MLBオールスターに5回選ばれた彼は負傷から復帰した後、4回の選抜登板を含め、自身の無失点連続イニングを25イニングに増やしました。 ダルビッシュのサンディエゴ・パドレスチームの同僚は、アトランタ・ブレイブスに対して9-1で勝利し、多くの支援を惜しまなかった。

37歳の選手投手はブレイブスを7イニングの間2安打で捕らえた。 彼は99区のダイナミックな活躍の中で三振9個とボルネット1個を記録した。 ダルビッシュは自分が突き当たった最後の打者13人を無失点に仕上げた。

最も重要なのは、ダルビッシュが通算200回目の大勝を記録し、NPBとMLBで通算200勝を達成した3回目の日本投手になったという点だ。

1995年、ロサンゼルス・ドジャースで即座に成功を収め、MLBで日本選手たちに新たな機会の時代を開いた先駆者ノモ・ヒデオ(Hideo Nomo)は、メジャーリーグで201勝と123勝109敗の記録で自分のキャリアを終えました。

黒田博樹はMLBで79勝79敗の記録を立て、2016年引退するまで通算203勝を収めました。

ダルビッシュユ
ダルビッシュ・ユガが5月19日に通算200回目の優勝を達成した後、インタビューをしている。 (KYODO)

ダルビッシュユ、通算200勝達成の考えを共有

両リーグで通算200勝を収めた3番目の日本人選手になるというのがダルビッシュにとってどういう意味ですか?

MLBドットコムは、ダルビッシュが試合後通訳を通じて「大きな数字であることは分かるが、今すぐは理解しにくい」と話した。

メジャーリーグで107勝86敗を記録中のダルビッシュは、自身の投手同胞2人が初めて成し遂げた成果を栄光と語った。

MLB.comによると、ダルビッシュは「他の2人の投手である野茂秀夫と黒田弘樹は、彼らがどれほど良いかを確かに知っている」と述べた。 「彼らと少し近づくことができるということだけで栄光であり、今後進む自信ができました。」

ダルビッシュは今シーズン4勝1敗、平均自責店2.08を記録している。

SportsLookで全内容を読んでください。

関連:

著者:エド・オデブン

エドを探す ジャパンフォワード'専用ホームページ、 スポーツルック。 彼のフォロー [Japan Sports Notebook] 日曜日に、 [Odds and Evens] 平日はX(以前はTwitter) @ed_odeven

READ  Sports News Roundup:Astrosシリーズ開幕戦でRed Soxをポンド; 日本がトレーニングキャンプを失っオリンピック噂が消えるなど
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours