トップニュース

テキサス大学日本原爆都市グラフィック写真展開催

アメリカの広島と長崎に対するアメリカの原爆投下による被害を描写する写真展が現在テキサス大学で開催されています。 著名な博物館がベテラン団体の強い反対の中で初期遺物展示計画を取り消してから25年ぶりです。

「Flash of Light, Wall of Fire」というタイトルの展示会は、オースティンにあるテキサス大学が核兵器の恐怖を伝えるために努力する日本写真家グループである日本反核写真家運動と協力して組織しました。 後代。

ほとんどが米国で初めて公開される69枚の写真の大半は「きのこ雲の下」荒廃した大地を鮮明に描写している。 一つは、真円の近くの小学校運動場を囲んでいる骨を見せてくれます。

2021年10月26日、テキサス州オースティン大学で行われた原爆写真展でDon Carleton(R)とBen Wright。 (刑務所)

「私は泣くことができませんでした。私は涙が出てくるのを感じることができました。それはとても感動的です。そしてそれが私たちが見る必要があるのです」 。 展示会を見るため。

ワシントンにあるスミソニアン国立航空宇宙博物館は、もともと第二次世界大戦終戦50周年を迎え、原子爆弾展示会を開催する予定だったが、ベテラン団体らの激しい批判で数ヶ月前の計画を放棄した。 日本に対する過度の同情と米軍に対する侮辱だった。

ブリスコセンターの専務理事であるドン・カールトン(74)は、「もし私たちが1995年にこの展示をしたら、私たちは多くの困難を経験しただろう」と話した。 テキサス大学でアメリカの歴史のため。

太平洋戦争に参戦した元軍人たちの反対が時間の経過とともに消えたが、カーレトンはまだ展示会の開催について若干の留保があることを認めた。

しかし、多くの議論の終わりに、彼は戦争について学ぶ機会がほとんどない若い世代や核兵器が落ちたときに人々にどのような影響を与えることができるかについての教育ツールとして役立つので、「する価値がある」と感じました。

原子爆弾投下が正しい決定だったという一部の人々の見解に対して、カールトンはその議論に参加するつもりはないと述べた。

プロジェクトチームの一員であり、テキサス大学で博士課程を踏んでいる39歳のBen Wrightは、広島と長崎の写真が核兵器の使用が再び「必要」と見なせないことを示していると強調しました。

「もう一度これは起こらないでください。私たち全員がそれに同意することができます。議論の余地はありません」と彼は言いました。


関連する適用範囲:

広島原爆遺跡から真珠湾の灯火で火炎

国連不拡散会談 1月4~28日ニューヨークで開催

日本はコロナ19ファンデミックの中で第二次世界大戦降伏76周年を迎えた。


READ  解説者:統一教と日本政治の関係

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close