スポーツ

デモ参加者は、COVID-19の懸念に東京オリンピックがキャンセルされることを望んでいる。

夏季オリンピックが一ヶ月残っているが金を決定する道順調でした。

東京で数百人のデモ参加者たちは、COVID-19拡散への懸念で試合がキャンセルされることを望んでました。

日本政府は、景気5週間前に東京で緊急コロナウイルス措置を解除しました。

この国の首相は事例数が減少し、国の健康管理システムへの負担を軽減すると述べました。

しかし、70歳の抗議かのような人は、「最初の緊急事態時に200件程度であった。 今では400〜500件あります。 日本はなぜそれをオフにしますか?」

水曜日、現在日本人の約7%が完全に予防接種を受けた14,000人以上がCOVID-19で死亡しました。 グローバル基準では良いが、アジアの多くの隣人よりも悪いです。

しかし、数十億ドルが準備されている国際オリンピック委員会は、競技が続くと言いました。

東京2020組織委員会は、「選択の余地がない」と述べた。

委員会は、1万人の観客だけ試合に参加することができていると判断し、すでにチケットを保有しているファンはあきらめていました。

チケットを所持した人は、「マスクを使わなければならない。 彼らは社会的距離が必要です。 彼らは応援しないという要求を受けることになるだろうし、すぐに行ったり、バーのない、カフェに行かないで、家に呼ばれるリクエストを受けることになるでしょう。」

管理者はコロナウイルスの事例が再び増加すると、ファンが禁止される可能性があると言います。

この物語は、元のNewsy.comでLauren Magarinoが報じました。

READ  藤川演説松坂に「目標にいてくれてありがとう」 - プロ野球:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close