理科

データサイエンスを活用して、インドのユニクルロウル目指しYC開始SockSoho | TechCrunch Japan


SockSoho(靴下ソーホー)は「インドユニクロ」がされていることを目指しD2Cブランドだ。この会社は、10ヶ月前にメンズソックスの販売を開始し、最近Y Combinator(Yコネクタ)のSummer 2020プログラムを終えたのだ。 TripAdvisor(トリップアドバイザー)などの企業で働いて経験のあるデータの科学者Pritika Mehta(根ティカメートル)さんとグロスのマーケティング会社のSimarpreet Singh(シーマコンプリートシン)氏が創業した靴下ソーホーお客様は現在、3万人以上を超えてており、今後メンズに特化した垂直ECの新規発売を計画している。

メーターさんとシンさんは靴下ソーホーを開始以前の技術とコンテンツIPプロバイダのMindBatteries(マインドバッテリーズ)で一緒に働いていた。 会社の法人顧客は、The Times of India(タイムズ・オブ・インディア)、The Economic Times(エコノミック・タイムズ)、Mercedes(メルセデス)、Infosys(インフォ)、世界経済フォーラム、Uber(ウバ)などが名メンバー。

二人は、インドが世界最大に急激に成長しているeコマース市場の一つであること、事業の拡大に応じて、チャットロボットとAIベースのレコメンドエンジンなどを導入する独自の技術で、靴下ソーホーの成長をかけている。

靴下ソーホー独自のサイトとeコマースプラットフォームを使用して販売しているマルチプラットフォーム展開の戦略で発売したが、主に売上高を伸ばしているのは、ユーザー数が4億人以上にも及ぶインドで最も人気のあるメッセージングアプリWhatsApp(ワッツアップ)ある。 靴下ソーホー売上高の約70%がWhatsAppを通じたもので、A / Bのテストでも、このアプリケーションを使用している。

Y Combinatorのパートナーであり、靴下ソーホーに投資しているEric Migicovsky(エリック未知甲府スキー – )氏は、TechCrunchの手紙の中で「靴下ソーホーは表面上はファッションブランドに見えるが、運営技術企業のように行なっています。製品およびeコマースパスのすべての面では、A / Bテストを実施しているものです。これは、すべてのファッションブランドがしていることがありません。」と言ってくれた。

また、「靴下ソーホーが成功した戦略は、WhatsAppだと思います.WhatsApp独占的に顧客を獲得し、サービスを提供する方法を見つけた。」と述べている。

メタは靴下ソーホーを実行する前に、バッファロー大学で人工知能の専門コンピュータサイエンスの修士号を取得した。 その後トリップアドバイザーなどの技術企業に勤務し、数年間を米国で過ごした母国であるインドに常に関心を持っていた。

「インド市場の成長を見たとき、目を丸くしました。人口があまりにも多くのデータが安いからね。オンラインで買い物をする人も圧倒的に増えていました。その時考えています。インドがこのような雰囲気がありますが、私はアメリカで一体何をしていると “”とTechCrunchに話してくれた。

インドのオンラインファッションブランドの多くは、女性向けの製品を中心に扱っているのでメートルさんとシンさんは紳士服業界への進出を決めた。 インドの都市には、約2億人の男性があるとされて80億ドル(約8500億円)の潜在的な市場がある。 二人は、消費者調査をする前に、まず販売する製品の候補として80個の項目をリストに記録した。 そしてサイズが合わせやすくお届けが簡単で、売上高が高い返品率が低いの靴下を選択した。

靴下ソーホーは、新しい靴下を販売する前にWhatsAppを介して自身のA / Bテストを実施している。 生産注文をする前に、デザインのアイデアを顧客に送信し、先行予約で顧客の関心を読んである。

多くのD2C企業の課題となっているマーケティングコストの削減と顧客確保は、データ分析が鍵となる。

「私たちは、基本的に、データポイントを収集し、顧客の行動や消費パターンを理解しています。これらの洞察により、デザインからマーケティング、在庫計画、今後進出していく垂直分野まで、すべてを絞り込むことができます」と、メタは言った。

データの分析を通じて、すでにいくつかのサプライズがあった。 例えば、靴下ソーホーは、顧客のほとんどすべてが男性であると予測していたが、購入全体の約30%は女性によるギフトを購入していたのだ。 また、購入者のほとんどが、デリー、ムンバイ、バンガロールなどの主要都市に住んでいると仮定していたが、データはより小さい地方都市が成長の主力となったことが分かった。 「このようなインサイトは、すべてのデータで明らかになりました」とシン氏は語った。

過去6ヶ月の間に靴下ソーホーの顧客の58%がリピーターしており、売上高は3月からインドで始まった新型コロナウイルス感染拡大に伴うロック中に増加している。

「新型コロナウイルスによって人々のオンラインショッピングでの移行が加速しています。例えば、父親がオンラインショッピングなんてことはありませんが、コロナ災害によって、今では歯磨き粉までオンラインで購入します。これは非常に大きな変化です」とシン氏は言う。

しかし、従来の小売ブランドの多くがまだオンラインショッピングの経験をものにできず、そしてメタは付け加えた。

「eコマース製品の販売だけではありません」とメタは言う。

靴下ソーホーの顧客を継続接続を維持するためにWhatsAppを使用して、新しい製品と顧客の写真を共有しているが、これらのレベルの個々の参加は、ブランドが成長すればするほど、より難しくなる。

そこで登場するのが靴下ソーホーが開発されている独自の技術である。 ここでは、製品の交換などの簡単な質問に対応できるAIベースのチャットボットが含まれている。 たとえば、無効なエントリを受けたお客様は、これらの写真をアップロードすると、交換が送られるようになる。 より複雑な問題は、フラグは、顧客サービス担当者に引き継がれる。

「私たちは、有人対応の経験を実際に複製することができる独自のソフトウェアを自社開発しています。言語、データ、顧客が要求する経験の種類を理解するために、顧客との現在の通信など、すべてのデータを収集することです」とメタは言った。

また、靴下ソーホーは、自分のAIベースのレコメンドエンジンを開発している。 これは、顧客のブラウジングやショッピングの動向に応じて関心が行く製品を顧客に勧めるだろう。 会社は、次の拡大を推進垂直分野を明らかにしなかっすでに次の製品ラインのためのA / Bテストを実施している。

「テックスタックと、全体的なサプライチェーンを作成し靴下確実な成功を達成することができれば、他の垂直分野にも手を広げて中インドのユニクロになることは容易だろう」とシン氏は述べている。

関連記事:D2Cオンラインブランド専門の卸売購入サイト「orosy」のベータ版が登場アカウント審査なしですぐに利用可能

カテゴリー:インターネットサービス

タグ:インドの ファッション Y結合器

[原文へ]

(翻訳:Dragonfly)

READ  知っている? 世界のビタミンDデーコロナ流行に外出を控える「人体の日照不足」で起こることが:J-CAST会社ウォッチ[전체보기]

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close