理科

データ科学者のための無料のオンラインイベント “Da-nce Conference」開催中| Ledge.ai

手すりは2020年12月28日(月)までのデータ科学者のためのオンラインイベント “Da-nce Conference」を開催しています。

Da-nce ConferenceはAI(人工知能)とデータ科学業界のリーダーをはじめ、経済産業省による取り組みなどをセッション形式で配信するイベントです。 参加費は無料です。 セッションは、6つの、開催期間中はいつでも何度でも無料で視聴可能です。 また、視聴者は、イベントのサイトで登録する必要があります。 また、2020年12月22日(火)18時から生放送も予定しています(生放送視聴に登録しなくても)。

Da-nce Conferenceで、日本全体のデータの科学を盛り上げる

Da-nce Conferenceは、日本国内のすべてのデータの科学者とのデータの科学者を目指す方を対象に、
「最先端で活躍するデータ科学者たちの学習法と知識 “
「日本では、データ科学の必要性 “
など、業界のリーダーのセッションで楽しむことができるイベントです。

最近では、「デジタル化」を推進する企業が増えて、その中でも、データを活用して、業務改善や売上などの予測をする「データサイエンス」に関心が集中しています。 しかし、データの科学を公言する「データサイエンティスト」は、日本では不足していることは事実です。

だからナンガンヌン “Da-nce Conference」を開催することで、データの科学業界のリーダーによる知識などを多くの人に伝え、日本全体のデータの科学を盛り上げることを目的とします。

データ科学業界の有名人によるセッションが無料で見放題

Da-nce Conferenceでは、6つのセッションと1つの生放送を行います。 6つのセッションが開催期間中、いつでも何度でも無料で視聴することができます。 生放送は2020年12月22日(火)18時から配信予定です。

Session 1 “データ科学」の財政の

人材不足の背景にある構造的な問題をより〜人材育成・開放と共有によるAIデータサイエンスの「民主化」〜

セッションの概要:
AIとデータ科学に関連した技術の担当者の不足が叫ばれていますが、「人材不足の構造の課題は何か」そして「 “民主化”どのように進むのか。」 これらのテーマに人材育成・開放と共有の観点から紐解き、その解決策として、経済産業省が従事している教材作成・PBL・企業の協力事例と話を聞きました。

登壇:
経済産業省商務情報政策局情報経済課課長補佐
小泉誠

Session 2」のデータ・サイエンティスト」でスキルアップ

Kaggle Master学ぶデータ科学者のキャリアと実力向上の要諦

セッションの概要:
世界中のデータ科学者が腕を競う競争プラットフォームKaggle。
株式会社RistはKaggleトップランクの組み合わせである「Kaggle Master “のメンバーが多数在籍しています。そのような会社では、データの科学者がどのような業務に従事し、日常どのようにスキルアップをしているのでしょうか?実例に基づいながら話を聞きました。

登壇:
株式会社Rist Kaggle Master
三舩哲史氏

株式会社Ristデータ分析事業者
勝利啓太朗氏

株式会社手すりLedge.ai編集・ライター
高島圭介(オペレータ)

Session 3「データ・サイエンティスト」を生かすことができない企業は、

「Kaggle社内ランク制度」を保有している2つのをデータ科学人材育成と企業のデータ活用の実際の

セッションの概要:
RistとDeNAの共通点は、Kagglerを積極的に採用し、その競争力としているのです。 一方、両社は、データ科学を自社のサービス向上に活用しているか、クライアント企業のビジネスの向上に活用しているかという違いがあります。

パネルディスカッションでは、その部分を対比しながら、企業とデータ科学者がどのようにすればよく協力していくのか、企業はデータ科学人材にどのような環境を提供する必要がある、データの科学者は、どのようにビジネス側と協力していくといいなどを深く掘るになります。

登壇:
株式会社Ristデータ分析事業者
勝利啓太朗氏

株式会社D・N・Aシステム本部Aiシステム部のデータ科学第1グループグループマネージャー
原田ケージ

株式会社手すりLedge.ai編集・ライター
高島圭介(オペレータ)

Session 4「データサイエンス」とDXの内製化

データ科学とDXを内製化する

セッションの概要:
事業の中長期戦略に基づいてデータを活用したDXの推進と開発を進めるには、データの科学をはじめとするすべての知識を必要とします。 ただし、外部業者に丸投げ依頼をして、プロジェクトが挫折してしまうケースは、過去数年の間に多く存在していました。
は、データを適切に活用して内製化を正しい方向に進めるには何を気をつけなければならないのでしょうか? また、人材教育・課題発見・事業開発などのプロジェクトの障壁をどのように克服がルーか。 多くのDXの内製化をサポートしているSTANDARDに詳細に入ります。

登壇:
株式会社STANDARD代表取締役CEO
石井大地さん

株式会社手すり取締役
大久保維持に(オペレータ)

Session 5「データ・サイエンティスト」をどのように育成するか

データ科学は、現代の基礎教養か

セッションの概要:
滋賀大学は2017年に日本初のデータ科学学部を設立しました。 国家急務れるデータ科学人材育成を率先して進め滋賀大学では、今後、必要なデータの科学的素養をどのように把握し、どのように教育プログラムに落としているのでしょうか? データ科学部長である武彰通氏に話を聞きました。

登壇:
滋賀大学データ科学大学長、同大学院データ科学研究科長
竹村彰通氏

株式会社手すりLedge.ai編集
高橋忠弥(オペレータ)

Session 6企業格闘「データサイエンス」の実情

データ科学があり、〜ビジネスの実情〜

セッションの概要:
マクニカは、300を超えるAIプロジェクトに参加する実績を持っています。 そんなマクニカで「データ・サイエンティスト」をどのように見てでしょうか。現場でどのような考えを持って仕事をしているのか、また多数のAIプロジェクトに参加したマクニカにデータ科学者はどのような人材だと思いますか?

これからデータ活用に関わろうとする企業をなどにも分かるように、「使用データとは何か?」というところからデータ活用までの話を聞きました。

登壇:
株式会社マクニカ産業ソリューション事業部事業部長
阿部形態氏

株式会社手すりLedge.ai編集
高橋忠弥(オペレータ)

LIVE Session 12月22日(火)18時予定

「データサイエンス」の悩み相談会

セッションの概要:
DataRobot Japan株式会社の柴田明氏と株式会社SIGNATEの斎藤ヒデさんの「データサイエンス」の悩み相談会を生放送で行います。 事前に募集と当日放送中問いをその場で答えていく対話型セッションがあります。 データ科学業界のリーダーである二人に直接質問することができる貴重な機会です。

このセッションにおいて、データ科学に関する、あるいは関心をお持ちの皆様より「心配」を2020年12月22日(火)17時まで募集しています。 寄せられた悩みは当日のライブで歌っにすることができます。
悩み相談はこちらから:
https://forms.gle/viPb6E3K8AyCiQfMA

登壇:
DataRobot Japan株式会社
最高経営責任者
柴田明氏

株式会社SIGNATE
代表取締役CEO / CDO
斎藤ヒデ時

株式会社手すりLedge.ai編集
高橋忠弥(オペレータ)

データ科学の専門メディア「Da-nce」をオープン

Da-nce Conference開催に合わせて手すりは2020年12月21日(月)に、データ科学を主に扱うWebメディア「Da-nce」(読み:ダンス)を公式オープンしました。 「データ活用を通じ、日本をより一層よくしたいので、情報発信をしていく。「これがDa-nceに込められた心です。

Da-nceの目的は、データ活用とデータ科学をより身近に感じてもらい、企業や個人が、今後さらに活躍できるきっかけづくりの場としてメディアです。
将来のデータ活用とデータ科学の領域で既に業界のリーダーとして活躍する方のインタビュー記事をかけたり、今後のデータ活用とデータ科学に従事し、企業に読むべきニュースと事例を紹介しています。

READ  木星の衛星は合計数百かも? 研究は、次世代の観測手段に期待| ガジェット通信GetNews

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close