経済

トヨタ、新型「未来」のオンライン発表会で言われた魅力的な期待と役割 – Car Watch

新型未来発表会がオンラインで行われた

トヨタ自動車は12月9日、フルモデルチェンジによって、すべて新たにデザインされたFCV(燃料電池車)新型「MIRAI(未来)」の発表会をオンラインで実施した。

まずChief Technology Officerである前田さんが登場し、すべて、10月26日、政府の所信表明演説で、製品が生産されてから廃却までの全体のCO2排出量と吸収量がプラスマイナスゼロになる “カーボンニュートラル”を2050年までに達成するという政策目標」2050年カーボンニュートラル宣言」が発表されたのに対し、そのためにはCO2を排出しない減らす回収して再利用するなど、様々な手法を推進する必要があり、このようなサイクルを実現するためには、クリーンなエネルギーが必要にその一つとして、「水素」が重要な役割を紹介。

トヨタ自動車Chief Technology Officer前田明彦氏

元水素は使用CO2を全く発生していないうえ、化石燃料や化学工場の副産物、下水汚泥や褐炭水を電気分解など、様々な資源から生成することができます。 また、自然環境の影響を受けやすい風力発電と太陽光発電などの再生可能エネルギーとは異なり、簡単に貯蓄し、実行することができ、その地域に最も適したサイズのエネルギー社会を作るのは容易でなど、大きく3つの利点を挙げた。

2020年3月に福島県浪江町の太陽光発電を利用した、世界最大の水素製造設備をオープンした際にもタッチで、ヨーロッパでの水素の大規模な投資を表明し、中国もすでに商用車、水素を活用したモバイルが普及した政府もカーボンニュートラルを宣言し、積極的に水素社会の構築を進めていると説明し。 また、これらの一連の流れは、水素が環境にやさしいエネルギーであるからだと思う。

第2世代のFCシステムを搭載した新型ミライ

続き中間決算発表で豊田社長が「今、私たちに求められている地球環境を含む人類の幸福につながる措置をとること」と発言しているように、トヨタはあくまでも「人」が中心となり、HV(ハイブリッド)、PHV(プラグインハイブリッド)、EV(電気自動車)、FCV(燃料電池車)と全方位からの同化戦略を推進していくと述べた。

第1世代のFCシステムの構築実績

第2世代のFCシステムの拡張予想

ここで2014年に世界初の量産FCVの招待ミライウル発売し、様々な問題の発見と解決を重ねることで多くの俳優があったと報じた。 また、当時からフォークリフトやバス、トラック、鉄道、船舶、産業用発電機などFCシステムを迂回していたが、招待システムは幅広く専用ず、水素社会の実現を加速させるだけの力がなかったならない。

だから2世代の新型未来は今までの課題を克服するために、生産能力を約10倍印象水素関連技術も性能向上し、社会を支えるさまざまなワイヤレスネットワークへの転用を前提に開発進めてきたと言うこの流れがトヨタの役割であり、「幸せの量産」にもつながるものと信じていると語った。

トヨタも水素バリューチェーン推進協議会への参加

最後に、水素社会を実現させるためには、「つくる」「運ぶ」「使用」のすべての段階でのコスト削減が必須となり、そのために1つだけでなく、各社の企業努力産業全体の協調と連携水素供給と需要の拡大も必要なため、12月7日「水素バリューチェーン推進協議会(Japan Hydrogen Association:JH2A)」にも参加したことを再度見ている。 新型未来が水素社会の「出発点」になるように努力すると結論付けた。

READ  ポーランド、亡命を希望ベラルーシ選手にビザ付与

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close