ドイツ、円安に支えられ、日本を抜いて3位の経済大国など劇

1 min read

(10月24日):ドイツ経済はドルとユーロに比べて円の価値の下落に支えられ、2023年に日本経済を抜いて世界3位の経済大国になると予想されます。

国際通貨基金(IMF)の最新展望によると、今年ドイツの名目国内総生産(GDP)は4兆4300億ドル(RM20.9000億)で、日本の場合は4兆2300億ドルに達する。 そうなると、ドイツは経済的規模の面で米国と中国だけに遅れをとります。

こうした見通しは、円がユーロに比べ160選に近づき、昨年10月に二次通貨介入を促したドル対比33年ぶりに最低値に近い中だ。 ユーロは2008年8月に最後に160円に達しました。

円安は、主に通貨政策の根本的な違いによって発生しました。 ヨンジュンと欧州中央銀行(ECB)はインフレを解決するためにファンデミックの最低値で金利を引き上げ、日本銀行(BOJ)は長年のデフレ以来物価上昇を促進するために景気浮揚モードを維持しました。

連盟とECBは、今後の会議で金利を凍結すると予想されていますが、借入費用がより長く高い状態を維持することを期待して、円に対する圧力が持続する可能性が高くなります。 BOJは、債券利回りの調整に対する調整の可能性があるという推測の中で、来週の会議を開くが、マイナス金利の終了は来年まで来ると予想されない。

しかし、この数値はまた、最近の経済パッケージの詳細を検討する日本の政策立案者が懸念するドイツの着実な長期成長を示唆しています。

西村康志日本経済大臣は、火曜日のIMF展望についての質問に「日本の成長の可能性が遅れ、依然として不振なのが事実」と述べた。 「私たちは過去20〜30年間に失われた土地を取り戻したいと思います。 私たちは、今後のパッケージのような措置を通じてこれを達成したいと思います。」

岸田文夫首相は、月曜日の景気扶養にエネルギー補助金の延長が含まれると述べた。 これは、数十年で最も高いインフレによる生活費梗塞を軽減するための措置です。 彼はまた、ある種の税の減免とともに賃金上昇の勢いを維持するための措置もあると述べた。

IMFの数値は、ドイツ人が日本人よりはるかに良い生活を送っていることを示しています。 ドイツの一人当たりの平均国内総生産(GDP)は米ドル52,824ドルと予想され、日本は米ドル33,950ドルです。

READ  TCLから日本市場初の5G対応スマートフォン「TCL 10 5G'3万9800円 - 携帯電話Watch
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours