経済

ドンキホーテの売上高を倍増させて、元の「叩き上げ “剛腕社長はなぜ犯罪に手を染めたのか?

東京都府中市にあるドン・キホーテ1号店( “ウィキペディア“より/ Fuchu)

割引をリードする、ドンキホーテホールディングス(HD /今パンパシフィックインターナショナルHD)のTOB(株式公開買い付け)を囲んでTOB公表前に知人に自社株購入を否定勧めで東京地検特捜部は12月3日、ドンキーHD前社長の大原浩二容疑者(57)金融商品取引法違反(取引推奨)の疑いで逮捕した。 東京証券取引所第1部上場企業のトップだった人物がインサイダー取引規制に抵触したと刑事責任を追及する異例の事態となった。

2018年10月11日ユニークファミリーマートHD(現ファミリーマート)は、TOBを実施してドンキーHD株式の20%に相当する約3210万株を約2100億円で取得すると発表。 ドンキーHDも同日ユニ・ファミリーマートHD傘下の固有株式をすべて取得し、独自の完全子会社と発表した。

逮捕容疑は、大原容疑者がドンキーHD社長だった18年8月頃知人男性に自社株を購入することをお勧めします疑い。 知人男性と親族は公表前に、9月上旬〜10月上旬にドンキー株式7万6500株を約4億3000万ウォンに取得した。 TOB公表前9〜10月上旬に5000円台で推移していたロバHD株は公表後6000円台後半まで上昇して、知人の男性は、高価で売り抜け約6000万円の利益である。

大原容疑者は逮捕前検査に「TOB実施を知っても、取引を勧誘したことがない」と否認し。 知人は「買ったほうがいいと購入しただけだ」と語ったという。 小原容疑者に適用された「取引推薦 “の規定は、2014年6月から施行された改正の金商法で「情報伝達」と導入された。 会社関係者がインサイダー取引の対象となる未公開情報を知っている他の人に利益を得る目的で株式取引を助言を禁止している。 取引推奨だけ容疑で初めて逮捕された。 情報を知らずに推薦を受けて購入した方は処罰の対象にならない。

一店員から叩き上げが一番

大原さんは店員の叩き上げ。 「驚安の殿堂」トップまで上がっ包装、大統領在任中の売上高を倍増させたやり手として知られている。創業者の安田隆夫氏は、営業に関する権限を各店長に委任。店長は購入から販売までのすべての責任を負って店舗を運営する。結果が出たときにアップグレード・プロモーションまずいとき減給・減給という信賞必罰の簡単な人事評価をする。今の若い店長が多数誕生した。

抜擢組筆頭が大原氏であった。 1993年に30歳前後でキホーテ(当時)に入社し、府中店の店頭を担当。 上述の認められ入社後2年間店長に木更津幕張、市原点を開始した。 店長に辣腕と実績が認められ、入社2年後、95年に取締役第二営業本部長になった。

READ  マイナスポイント事業にみると、「私の番号のカード」の普及の限界[스즈키 준야의 Pay Attention]-Impress Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close