経済

ナショナルチャンバーウェビナー:「日本とのビジネス」を

最近、スリランカ国立商工会議所が主催したウェビナー「日本とのビジネスに」が開催されました。 ウェビナーの目的は、日本市場でのスリランカ輸出国のための二国間の貿易の機会と課題についての認識を高めることでした。

Nandika Buddhipala National Chamber会長は、この困難な時期に国の輸出収入を創出することが非常に必要であり、イベントの期待は、日本の起業家が、スリランカの起業家と直接相互作用することができる道を磨くと言いました。

National Chamber副Anura Warnakulasooriyaは、セッションを司会して、スリランカ製品やサービスの海外バイヤーを見つけるためNational Chamberは既に発売したfromSriLanka.comデジタルプラットフォームを導入しました。

駐日本スリランカ大使Sanjiv Gunasekeraは、日本市場への進出を希望する、スリランカ起業家が直面することができる難しさについて説明しました。

Kitamura Toshihiro州、スリランカ日本大使館担当大使は、ポリシーの一貫性が意思決定の重要な要素であり、港湾都市プロジェクトは、スリランカに新たなビジネスチャンスを開いてくれると言いました。

大学補助金委員会の議長であるSampath Amaratunga教授は、両国の経済、社会、文化、貿易と投資の側面とスリランカと世界経済の長期的な持続可能性のための日本の投資の重要性について説明しました。

日本のSri Lanka Business Council会長Jagath Ramanayakeは彼らの協会が、日本市場に進出しようとする、スリランカの起業家を支援する準備ができていると言いました。 日本の駐在スリランカ大使館第1書記(商業)のKapila J. Kumaraが日本経済および日本のコミュニティの行動の側面についての情報を共有した。 スリランカ輸出開発委員会(Sri Lanka Export Development Board)の市場開発ディレクターであるMs. Anoma Premathilakeは、日本の衣料品、魚介類や水産製品、車、種と濃縮液、固体およびクッションタイヤ、産業用および外科用ゴム手袋の分野の市場機会があると言いました。 スリランカの企業家のためのNational Chamberは、両国間のビジネス関係を発展させるための後続のセッションを実行する予定です。

READ  最近のウイルスの緊急事態は、日本の景気回復期待を弱めることができます

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close