スポーツ

ナダル、錦織と対抗バルセロナ8強進出

ラファエルナダルは、バルセロナで2年連続試合を行った後、日本のケイ錦織を破って最後の8位を占めトーナメントで12回目のタイトルを獲得するためにコースを維持していました。

世界3位は2014年と2015年のチャンピオン錦織を介して6-0、2-6、6-2で勝利し、次は準決勝進出のために仲間左利きである英国のCameron Norrieと対戦します。

先週モンテカルロマスターズでびっくり8強進出をされたナダルは、水曜日のバルセロナの開幕戦でベラルーシ予選111位イリヤ茨城シーカーに勝つために3セットを要求した。

世界4位Nishikoriは、現在のランキングで39位に落ち、2016年バルセロナ決勝で彼勝った人を相手に削り出した13個のブレークポイントのうち2つ転換したことを後悔しました。

ナダルは錦織との14回の出会いで12勝をおさめた後、「昨日よりもはるかによく走ったと思う。それは私にとって非常に重要なことだ」と語った。

「肯定的なエネルギーレベルが高く、非常に満足しています。」

世界ランキング58位を狙うベルギーの8シードのデビッド・ゴピンが2セットで右脚の負傷で引退したとき行われました。

ナダルは2月の全豪オープン3回戦連続セットでノリを勝った。

第二シードStefanos Tsitsipas、Monte Carloのチャンピオンは7-5、6-3でオーストラリアの14番目のシードAlex de Minaurで勝利を収め、最後の8位に上がりました。

Tsitsipasは次のように11番目のシードを受けたカナダ人Felix Auger-Aliassimeと向き合うます。 彼はDenis Shapovalovを6-2、6-3で破った。

Auger-Aliassimeは「今日は私のレベルに満足しました。」と言いました。

「彼と対決することは決して容易なことではなく、連続セットで勝利を収めたのはすごいです。次の試合は容易ではなく過酷な挑戦です。」

ロシア第三シードのアンドレイルーブルレフはモンテカルロでチチパスの準優勝スペインのアルバート・ラモス非マノラスを2時間30分で6-4、6-7(4/7)、6-4で勝った。

2021年ツアーをリード26勝を記録したルーブルレフは、スペインクレーコートを抜いて、35人の勝者を解雇した。

彼は5番目のシードRoberto Bautista Agutを7-6(11/9)、6-2で勝った11番目のシードJannik Sinnerを相手にエキサイティングな準々決勝を払いました。

今年はベテランスペイン人を相手にしたシンナーの三回目の優勝だった。

dj / pb

READ  アテネ五輪代表、橋本聖子が東京オリンピックを成功に導くことができると

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close