エンターテインメント

ネットフリックス、2万人の新規ユーザーの流入後、日本値上げ

東京 – ネットフリックスが金曜日に日本のストリーミング料金制価格を最大13%引き上げるものであり、感染症が原因で急激に拡張された加入者基盤を活用して増加する、オリジナルのコンテンツライブラリに投資するとNikkeiは学びました。

標準料金制は月に1,490円($ 14)に現在のレベルよりも170円増加してベアボーン基本料金制は880円で990円に上昇しています。 4K Ultra HDが含まれているプレミアムプランは1,980円で維持されます。

米国ストリーミング会社は、コンテンツ制作資金を支援するために、ここ数カ月の間、米国、カナダ、英国でプランに基づいて月に購読料を$ 1から$ 3まで引き上げました。

コロナウイルスが原因で、消費者が通常よりも家にとどまっている状況で、Netflixは、過去1年の間、日本では約200万人の加入者を追加して、合計5万人以上を記録した。

日本は、会社のコンテンツソースとしても重要な市場です。 Netflixは、アニメーションスタジオ、クリエイターと連携しており、今年、日本で25以上のオリジナル作品を提供する予定です。

パンデミックによる消費パターンの変化により、ここでストリーミングサービスがより広くなりました。 東京に拠点を置く調査会社Gem Partnersは市場が2019年より60%増加した2024年に438.9億円(43億8000万ドル)にこのをすると予想します。

ネットフリックスとは異なり、現地のプレイヤーは「値上げを避け、新規加入者の追加]を優先した」とビジュアルメディア研究所の要モーダ光一氏は語った。 日本のサービスParaviとNHK On Demandはそれぞれ、月に10ドル未満です。

市場の成長が弱体化されると、競争は、コンテンツの質と量は、強力なライブラリのリスクがないサービスに依存します。

READ  浜崎あゆみ、初のオンライン「a-nation」で堂々と主人公「絶望部作 "の連続フル歌にファン感激| ORICON NEWS

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close