ハイアットとキラク(Kiraku)が新たな合弁事業を通じて日本初のホテルに資金を提供しました。

1 min read

ハイアットホテルと開発パートナーのKirakuは、両社の日本国内の新しいホテルチェーンを支える新しいファンドの最初の締め切りを発表しました。 2022年に発売されたATONAブランドは、温泉のある伝統的な日本旅館ホテルに現代的な感覚を加える予定で、最初のホテルは2026年にオープンする予定です。

新しい不動産開発を支援するために、2人はアトナインパクトファンドを設立し、日本の主要建設グループである投資パートナータケナカ株式会社と財政的に投資することを約束しました。 100億円の総投入量は、すべての予想投資ニーズを満たすための計画目標である200億円の半分です。 最初は由布、屋久島、箱根の3つのホテルで作業が始まります。

高級ウェルネス体験

各ATONAホテルは、お客様にラグジュアリーなウェルネス体験を提供することを目指して、30〜50室のベッドルームを提供します。 温泉だけでなく、地元の文化や自然とつながる体験も楽しめます。 日本を代表するデザイナーのケニアハラ(Kenya Hara)は、アトナのブランドディレクターで、東京の建築家小島真也(小島真也)、小嶋綾香(アヤカ小島)、上海に本社を置くpractice kooo建築家と協力しています。 今回のベンチャーは、ハイアットが日本で新しいホテルブランドを創設することを決めた最初の事例で、今回の措置がお客様に真に独創的な経験をプレゼントするという期待を表しています。

アトナブランドは、日本地域全体の目的地の天然資源を活用するとともに、日本観光部門の成長勢いを活用することを目指します。 ファンデミック以前、2019年国家観光局は3,200万人に近い海外訪問客を記録し、2030年までにその数を6,000万人に増やすことが目標です。 観光指導者たちはすでに観光成長の恩恵が観光産業に役立つようにするためにある程度成功しています。 単に東京、大阪、名古屋などの主要都市だけにとどまるのではなく、地域ごとに

日本全域で成長

ハイアットはすでに日本に20のホテルをオープンしています。 2024年2月には最新のホテルであるハイアットハウス東京渋谷をオープンしました。 ハイアットハウスブランドとしてオープンした2番目の日本ホテルで、家のように快適な宿泊施設で長期滞在を必要とするお客様のために設計されたアパートスタイルの客室を提供しています。

2023年末、グループはUnbound Collectionブランドで日本初のホテルをオープンしました。 森ビルと提携した東京中心部のホテル虎ノ門ヒルズ。 パイプライン資産には、今年大阪にオープンする2つのキャプションバイハイアットホテルが含まれています。

READ  中国の国境日延長で観光が活性化し、日本銀行が「黄金連休」支出を増やした。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours