技術

パナソニックの第1四半期の利益は中国封鎖、材料費上昇で打撃

2017年2月2日、日本の東京パナソニックセンターでパナソニックロゴの横に一人の男が見える。 REUTERS/キム・ギョンフン/ファイル写真

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京、7月28日(ロイター) – テスラ(TSLA.O)にバッテリーを供給する日本のパナソニックホールディングス(Panasonic Holdings Corp, 6752.T)は中国のコロナ19封鎖と材料増加で木曜日第1四半期実績が39 %下落したと発表した。 コストのため生産が中断され、収益性が低下しました。

今春、上海で2ヶ月間の封じ込めで人々は家にとどまり、工場は生産量を減らし、半導体を含む部品不足を悪化させました。 同時に、ロシアのウクライナ侵攻による材料費の上昇で利益が浸食された。

しかし、日本の大企業は、一部の製品の価格を引き上げてコストを削減することで利益を高めることができるという点に賭けているため、3月31日までに年間営業利益3,600億円(26億6,000万ドル)の見通しに固執しました。 Refinitivによると、この見通しは19人のアナリストの平均利益見積りである4,120億円未満です。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

パナソニックの最高財務責任者である梅田弘和(Hirokazu Umeda)は、ブリーフィングで四半期ごとの数値が「弱いようだが、見通しを変更する必要はないと判断した」と述べた。

6月30日までの3ヶ月間の営業利益は637億円(4億7077万ドル)で、9人のアナリストが推定した平均733億円を下回った。

パナソニックは、今年初めにインフレが急騰し、景気後退に対する恐怖が高まるにつれて、支出を減らした顧客には、より高い材料コストをすべて伝えることができないと述べた。

パナソニックは現在、テスラのために作る自動車用バッテリーの価格を引き上げるつもりはありませんが、コバルトや自動車用バッテリーを作るために使用する他の材料のためのより多くの費用を支払っています。

この事業は、米国の電気自動車メーカーが生産を増やすにつれて急速に拡大しています。

今月、パナソニックは、テスラに主にバッテリーを供給する新工場の敷地としてカンサスを選んだと発表した。 もっと読む

同社は、次の会計年度に日本で生産を開始し、テスラに4680モデルとして知られる大きなバッテリーを供給するよう努めています。

パナソニックは2029年までにバッテリー生産能力を3~4倍に拡張する計画で、その多くは北米地域だ。

($1 = 135.3100円)

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Satoshi SugiyamaとTim Kellyの報告。 Clarence FernandezとKim Coghillの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  台風強打後のプラスチックごみ1,300倍重い

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close