理科

パナソニック非接触次は密解決 – 濃縮を避けるために、システムの構築に – CNET Japan

新型コロナ拡散を受け、注目が高まる「密防止」について、パナソニックライフソリューション事業部は、9月17日、屋内位置情報システム(ローカル測位システム:LPS)と各種データを活用した警告混雑視覚化などがある “密防止ソリューション」を紹介した。 パナソニックは、8月に「非接触ソリューション」を提案しており、今回が第2弾である。

パナソニックの提案概念

新型コロナウイルスの集団発生を防止するために総理室のウェブサイトから発信される「密閉」「密度」「密接」3の密度を避ける動き。 パナソニックは、「特に密防止効果が高いとされる密集に注力」(パナソニックライフソリューション事業部マーケティング本部エンジニアリング事業統括部技術センター課長豊澄太郎さん)で混雑状況の把握、ロボットを活用した人員削減の照明を使用した密度血に誘導などをするシステムを提案しているという。

「密解決」ソリューションの概要

豊澄氏は、「コロナ災害などの緊急時だけでなく、普段にも使用できるソリューションを紹介するコンセプト新型コロナ拡散の影響で売上が落ちている企業も多い中、これだけに資金を投入するのは難しい会社が多い。通常時にも使用することができることが重要である」と評価する。

密防止ソリューションの中核に据えるのは、屋内位置情報システムである。 屋外でのスマートフォンのGPSなどを使って場所の特定ができますが、建物に入ってしまえば、いくつかの層のいずれかの層にあることをと呼ばれる特定することができない。 室内位置情報システムは、信号の個人の位置データの取得が可能なので、位置情報データを使用したアプリケーションと連動して、人の密集度を位置情報を監視し、警告したり、感染発生時には、個人ごとの正確な位置の記録に対応するなどすることができるようになる。

豊澄氏は、「室内でも、誰がどこにあるかを把握することができますので、いくつかの地域にどのようなイルカも知ることになる。このような情報を事前にチェックして密集地域を避ける行動に接続される。レストランが空であるとしたことが分かるので、普段も使用することができる」と、普段にも助けを強調する。

室内位置情報データを活用した密集情報ガイド

室内位置情報データを活用した密集情報ガイド

屋内監視カメラ「i-PRO EXTREME」などと連携する人物の「動き・動線」「滞留・滞留時間」も可視化人などの通過量と一定時間止まった状態を把握することができ可能である。」位置情報システムとは異なり、不特定多数を把握することができる。 エレベーターホールと従業員とゲストの両方がある場所など混雑を把握するのにカメラは最適ヒートマップを出して、事前に情報を発信すると、人が混雑した場所に行くことを防ぐことができる」(豊澄氏)と、各位置に適した形に密解決方法を打ち出す。

監視カメラシステム

監視カメラシステム

非接触ソリューションも紹介した統合セキュリティシステム「eX-SG」は、密防止ソリューションとしても活用する。入室・退室の情報記録による追跡管理が可能なため、感染者が出た時の濃厚接触者の追跡に使用する。

これらのシステムに加えて、ライト型プロジェクター「SpacePlayer “オフィスビル清掃用ロボット掃除機「RULO Pro」も密防止ソリューションとして活用する。

SpacePlayer配線ダクトに設置可能なプロジェクター、商業施設などで利用されている。 床や壁に投写することができますので、「マスクの着用」「対面を避け」と注意喚起に使用に加えて、ソーシャルディスタンスを確保するための並ぶときの基準位置を表示するなど、新たな空間表現に注意を促し。

家庭用ロボット掃除機「RULO “をオフィス設備に改造したRULO Proはレーザー、赤外線、超音波、バンパーと4つのセンサーと、自分の自律走行制御を搭載。壁まで接近して効率的に床掃除をすることができるのが特徴である清掃の数を減らし、密閉、密集ミルジョプルル解決する。

密集対策」Space Player:光と映像による注意喚起・スペース誘導

密集対策」Space Player:光と映像による注意喚起・スペース誘導 ”

密集対策

密集対策」RULO Pro」による人的資源の削減

OHサポート代表産業の今井鉄平氏は、「オフィス密集解決はしても、協議のスペースなど、自分桁ではなく、ジョミルガ生じてしまう恐れがある」と指摘した。 意外な落とし穴に更衣室と休憩室、食堂、喫煙室などを挙げた分散利用と最大限のマスクの着用などを訴え濃厚接触者を追跡する方法の重要性も説明した。

READ  新生物は、Amazonではなく、砂漠や山の頂上など "不毛の場所」で生まれ多様化 - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close