トップニュース

ファクトシート:アメリカ – 日本気候パートナーシップ

エネルギー安全保障への道はクリーンエネルギーを通じて行われることを認識し、米国と日本は脱炭素化およびクリーンエネルギーを含む気候野心的な協力を構築し、各自の国内気候努力と国際気候加速化を継続し続けていくことです。 行動。 両側は、パリ協定に基づき、2050年の純ゼロ目標と2030年のNDC(国家決定貢献)を達成するため、以下の優先順位分野で量子協力を強化し、地球温度上昇を摂氏1.5度まで維持することと一致する地球軌道を推進する計画です。 リーチ範囲内。

両側は、以下を通じて各措置をさらに協力し加速化する予定です。

  • パリ協定および2050年の純排出ゼロ目標に基づいて、2030年のNDCを達成するための方針に関する各国内計画および実施について意見を交換します。
  • 各自の気候金融公約に基づき、気候金融提供計画に基づき、できるだけ早く1,000億ドルの気候金融を共同動員しようとする先進国の目標を完全に達成することに貢献し続けています。 その中で指定された集団行動に対する10の原則。
  • 遅くとも、2050年までに温室効果ガス排出量ゼロの世界的達成と2020年代の深刻な排出削減と気候回復力の開発と一致する財政フローを作成するための努力を進めます。
  • 削減されていない国際石炭火力発電に対する新しい政府の直接的な支援がないようにし、2030年に減少しなかった石炭容量から圧倒的に脱炭素化された電力システムへの移行をさらに加速する技術と政策を迅速に拡大するための努力します。 安定したエネルギー供給を確保しながら、2030 NDCと純ゼロコミットメント。
  • 2030年までに軽量車両部門で排出ゼロ車両の大幅な市場シェアを達成するために努力し、中型および大型車両の排出量を削減し、さまざまな技術への革新を促進することによって、道路輸送の急速な脱炭素化を促進します。
  • 投資家は、決定に有用な気候関連情報の一貫した比較可能な義務の開示を促進することを含め、気候関連の金融リスクと機会に対処するために、二国間および多国間フォーラムを通じて協力を強化します。
  • 再生可能エネルギー、エネルギー貯蔵(例えば、バッテリーおよび長期エネルギー貯蔵技術)、スマートグリッド、建物の電気化、エネルギー効率、クリーン水素、クリーンアンモニアなどの分野を含む、革新と高度な技術展開への取り組みと協力を継続的に強化します。 、炭素回収、貯蔵/炭素リサイクル、産業脱炭素化、小型モジュール式原子炉などの高度な原子力発電。 海上風力、地熱エネルギー技術、原子力を加速するためのいくつかの新しい量子タスクフォースを含む、日米クリーンエネルギーとエネルギー安全保障イニシアチブ(CEESI)の下で協力を促進します。
  • 米国が日本を政府パートナーであり運営委員会のメンバーとして歓迎するFMC(First Movers Coalition)で協力し、世界的にグリーンイノベーションに対する需要を主導するためにCOP26で始まった代表イニシアチブであるFirst Movers Coalitionに日本の参加を認めるします。 – セクターを縮小し、これらの努力における日本企業の役割を高め、公共投資と需要をFMCセクターのグリーンイノベーションと一致させ、FMC需要シグナルを満たすために供給を拡大するのに役立つサポートポリシーを提供します。
  • 各国内市場と世界的にヒートポンプの配置を加速し、建物内で燃焼する燃料を置き換え、例えば、製造、教育、プロモーション支援を通じて、建物の暖房と空間電気化を通じてエネルギー安全保障と気候目標を促進するために協力します。
  • カーボンゼロ都市国際フォーラムを継続し、ベストプラクティスを共有し、第三国での協力活動の機会を考慮することによって、グローバルなサブカントリーカーボンゼロ推進イニシアチブを含む、サブカントリー活動を加速するための協力を促進します。
  • 主要経済フォーラムとG20を含む温暖化に対する摂氏1.5度の限度を到達範囲内に維持するために、2020年代にすべての主要経済局が大胆な措置を取るための外交的努力を緊密に調整します。
  • ベストプラクティスとレッスンを共有することで、高い整合性炭素市場に対する能力構築活動を含む、パリ協定第6条の実施に対する協力を強化します。
  • FIRST(小型モジュール式原子炉技術の責任ある使用のためのインフラ)プログラムに従い、第三国における産業パートナーシップの強化と成功した能力構築協力の深化を含め、既存の原子力を完全に活用し、革新的な原子力技術を発展させるために協力機会を追求します。
  • グローバルメタン誓約とメタン問題を解決するための迅速なグローバル行動の重要性を認識し、世界中のメタン排出問題を解決するための協力を強化します。 そして、各国の計画に従って国内のメタン排出削減を実施し、そのような計画のない国がそれを開発することを奨励し、第三国がメタン削減目標を達成できるように財政および技術支援を提供する機会を追求します。 そして、最大生産国の一つである米国と最大消費国である日本は、生産と消費で発生するメタン排出を減らすための措置を取る予定です。 日本は石油・ガス部門に焦点を当てた4次円卓会議を通じて、メタン排出を減らすための技術に関する知識と情報を共有する計画です。
  • 2030年までに30GW(ギガワット)の海上風力を配置しようとする米国の目標を認識しながら、国内および第3国の両方で海上風力発電設備の配置を加速し、資金調達を拡大し、政策条件を改善し、関連技術作業を実行するためのパートナーシップを探します。 そして、2030年までに10GWの海上風力を配置するための日本の目標。
  • エネルギー安全保障とクリーンエネルギー転換を支援するために、弾力的で多様な重要な鉱物サプライチェーンを確保します。
  • カーボンフリー電気調達、カーボン排出ゼロ軽量車両の獲得、カーボン排出ゼロビルの建設、照明のアップグレードなど、野心的な目標を達成するために各国政府の調達権を使用することを目指して、グリーン政府イニシアチブに協力します。 高効率照明、全国政府運営をグリーン化し、2050年まで炭素排出量ゼロに貢献します。
  • 清浄エネルギー経済への転換において、海運部門の脱炭素化が不可欠であることを認識し、海運部門の脱炭素化へのしっかりとした協力をもとに、海運部門の脱炭素化が低排出とゼロ排出ライフサイクル燃料と技術の実証、配置と採用を促進します。 ; 環境に配慮した海運回廊や無排出海上供給などの海洋ベースの気候対策の発展。
  • 以下は、特にインド太平洋地域から第三国の脱炭素および低メタン経済への移行を加速するために協力します。

    民間部門とのパートナーシップを通じて、インド太平洋地域における再生可能エネルギーと脱炭素化技術の配布を促進する日本・アメリカのクリーンエネルギーパートナーシップ(JUCEP)、そしてより大きな地域の電力貿易、再生可能エネルギー統合、および電力市場の開発を奨励しながら、メコンのエネルギー安全保障を支援する日本-米国メコン電力パートナーシップ(JUMPP)。

###

READ  WFPスーダン、エチオピア難民支援のための資金要請、日本のおかげで [EN/AR] - スーダン

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close