エンターテインメント

フィギュアスケート:かぎ山 – 三原、アジアンオープントロフィーを獲得



日本のフィギュアスケート選手三原麻衣が2022北京オリンピックテストイベントである北京キャピタル室内スタジアムで行われた2021年10月15日アジアオープントロフィー女性フリースケートで演技を広げている。 (教徒)

北京(教徒) – 日本のかぎ山ユマと三原マイ両方金曜日のアジアオープントロフィーで優勝を占めた。 かぎ山は人のフリースケートで一晩中首位を維持しており、三原は同胞坂本香織を下した。

18歳の世界銀メダリストかぎ山は金曜日179.98点で合計277.78点を記録した。 日本の17歳佐藤俊(Shun Sato)はショートプログラムとフリースケーティングの両方で2位を占めた後、256.16点で総合2位を獲得した。

Kagiyamaは優勝にもかかわらず、彼のプログラムは変更する必要が部分的に満ちていると言いました。

総合的に見れば、問題が多かった」と話した。「私は今シーズンから私の無料のプログラムに新しいクワッドループを追加したクワッドループを台無しにすると、他のクワッドジャンプではまだよくすることができる程度に改善したいと思います。」

ミスがほとんどないプログラムでMiharaは2月、北京冬季ゲームのテストイベントでキャピタル室内スタジアムで135.75点を獲得し、合計203.58点を記録した。

Miharaは「私は前日ほど緊張していない。「最初から最後まで、私は集中力を失うことなく、スケートを乗ったが、各ジャンプで精度を高めたいと思っています。」

ショートスケート後を継いだ坂本はジャンプに問題があり、202.28秒で2位に上がり、これからしなければならないことが多いと述べた。

彼女は「私の体力不足が公演で目立った」と述べた。 「このプログラムは、より大きな有酸素能力を必要とします。幅広いランニングやその他の練習のほか、最後まで強引にスケートで滑る方法を見つける必要があります。 ”

今回の大会は、観客なしで進行され、スケーターとスタッフは、コロナ19対策として泡の中に閉じ込められている。

READ  最後の完全測定| 映画後期

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close