ホルカム、日本経済開発旅行主導ニュース

1 min read

インディアナ州知事のエリック・ホルコム(Eric Holcomb)が州最大の外国人投資家である日本を訪問する予定だと彼の政権が水曜日に発表した。

ホルコムの韓国公式訪問は今回が3回目だ。

ホルコムは報道資料で「インディアナと日本の関係は悠久で強力だ」とし「日本にいる友達を再び訪問し、私たちの文化、経済的パートナーシップをさらに発展させる新たな機会を模索することを期待する」と話した。 。

報道によると、インディアナ州外国人所有企業のうち300社以上が日本人所有であり、従業員数は5万人以上だ。 彼は木曜日に飛行機に乗り、金曜日に日本に到着します。 そして彼のスケジュールはタイトです。 ホルコムとインディアナ経済開発公社(Indiana Economic Development Corporation)の指導者たちは首都である東京で米国、日本、栃木県を代表する政府関係者に会う予定だ。 栃木県とインディアナ州は24年姉妹結婚を結んでいます。

Holcombは、東京で開催される中西部日米協会の年次会議にも参加する予定です。 インディアナは、8つの日本県、数十の企業会員とともに、米国中西部10州の会員のひとつです。

知事はスバル(Subaru)、トヨタ(Toyota)、ホンダ(Honda)、日立(Hitachi)などインディアナ州に事業場を置いている数多くの日本企業とも追加で会う予定だ。 そして報道資料によると、彼は日本のビジネスと貿易グループと一緒に「投資機会を議論するための新しいビジネス展望」に会う予定だ。

続いてホルコムは1年前​​、インディアナ州と正式パートナーシップを結んだ製造業中心群馬県に向かう。

Holcombは、「日本とインディアナは多くの業界の強みを共有しており、将来の経済建設への共同の約束を通じて、一緒に先進的な製造、エネルギー、モビリティの未来をリードし、革新し、開発する準備ができています」と述べました。 彼は来週アメリカに戻る予定です。 しかし、カリフォルニアに行く予定です。 9月14日、そこで彼はインディアナ州の大規模雇用主であるセールスフォース(Salesforce)が主催する年次カンファレンスで演説する予定です。 ついにホルコムは9月15日、インディアナに戻る予定だ。

今回の旅行はHolcombが知事として16回目の海外旅行となります。

READ  日経は薄い取引でより低く終了します
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours