sport

ホンダF1特集:オクラホマのF1初優勝で応えアルファ他私たちとの縁[F1-Gate.com]

ホンダF1のマネージングディレクターである山本正志がアルファ乗り、私たちは、ピエールオクラホマ選手と一緒に持って撮影されたF1のイタリアGPでの勝利について語った。

F1イタリアGPではアルファ乗ったちホンダF1ピエールオクラホマが獲得した。 2017年マクラーレンと別れて2018年からトロロッソとのパートナーシップを開始し、50戦という歴史的なレースで勝利した。

それはトロロッソとの交渉を担当した山本正志も感慨深げ勝利だった。

今のホンダF1があるのはアルファ乗ったちのおかげ
この勝利は、他のメンバーとファンの皆さんと同じように、本当に嬉しくて嬉しくて少しでも、この喜びを皆さんと共有しあえるばと思っています。
田辺技術井沢チーフエンジニアなど、複数の場所で述べているが、「今のホンダがあるのは、アルファ乗ったちのおかげ」というのは、私だけでなく、ホンダF1の中にあるすべてが感じていることです。

当時トロロッソとしていた彼らとのパートナーシップは、2018年から始まりました。 今までのホンダF1復帰から3年間勝利どころか表彰台もゼロの状態での構造制御方法はすべての非常に複雑な現代F1のパワーユニット(PU)の開発の壁にぶつかっている状態でした。 4つのPUマニュファチャラーの中で最も後発で参戦を合わせるために、短い期間に開発してきたことが大きく影響2017年当時は、パフォーマンスと信頼性の両方どの競争相手も大きく落ちたと思います。

そんな中、2017年にでマクラーレンとの別れが決定されている状況で、私たちと協力締結に手をあげてくれたのがトロロッソでした。 PUは、システムの心臓部であり、どのよう車体が優れてもPUにパワーが劣っていればレースに勝つことができません。 同じレースに言えば、競馬に関係なく、優れたライダーがあっても、肝心の競走馬が早くてもトップになることがないのと似ています。 当時ホンダは、いわゆるスピードもなく傷も可能競走馬だったと言えるかもしれません。

そのような状況でも、トロロッソ(現在アルファ打私たち)の代表トースト氏は「ホンダならできる。私たちは、ホンダの力を信じている」と私たちの未来に賭けた後、「ぜひパートナーシップを結んで欲しい」としました。 その時、その状況で、ホンダとの提携を組むことは、勇気ある決断だと思うし、それでもホンダの可能性を信じてくれたことに、今でも本当にありがとうございます。

常に開かれた姿勢で、二人三脚の開発に
次に、実際にパートナーシップを開始した後でも、トロロッソは常にオープンで率直な姿勢と、私たちに接してくれました。 車体を作るコンストラクタ(チーム)とPUを作るマニュファチュラーは、私たちのような「作業チーム」というシステムの下で、システム全体のコンセプトを決定コンストラクタが開発の主導権を握ることができ多いです。しかし、トロロッソの場合は、「ホンダは何をするのか」「どのようにすればいいと思うのか?」と言うことを必ずここに確認し、それをもとに、車体とPUパッケージが最適化されるように開発進行方式をとってくれました。一言で「トロロッソとホンダで一歩一歩機械を作成いった」としたでしょうか。そのような開発を通じてホンダにも技術的に、これまで知らなかったことたくさん学びました。

通信部分では、イタリア企業、地理的にも文化的にも遠い日本企業とチームをするということは大きな挑戦であろう。 しかし、私たちのプロジェクトを開始する前に、トロロッソ会社で日本文化に関する講習を従業員のため実施するなど、ホンダと仕事について、さまざまな配慮をした後、二企業が一つのチームとして機能するように努力してくれました。 当時、私たちは少し自信を失った部分があった日本人の傾向として消極的なところもありました。 そんな中トロロッソ側からオープン “我々たちなら一緒にできるんだ!と殺そう!」と迎えてくれたのは、私たちに戻って前に進んでいくための自信と勇気を与えてくれました。

この背景には、イタリアとラテン特有の明るい気質という部分に加えて、最高であるトーストさんの配慮に深く器の大きさがあると思います。 これらの部分も本当にありがとうございもできないなどと考えています。 もしかしたら知らない間に「おもてなし」をしていたのは、私たちの方だったかもしれません。 もちろんホンダのエンジニアが、その心に応える形で、ハードの開発を続けてトロロッソとレースを戦ったことが、現在の結果につながっていると思います。

いずれにせよ、ホンダがトロロッソ/アルファ他、私たちに救われたということは、疑いの余地があり、これに対して、私たちも全力で対応してきました。 決して平坦な道ではなく、これまで多くのアップダウンを繰り返しましたが、それほどホンダとトロロッソ/アルファ他私たちとの関係は、一つのチームとマニュファチュルララは場所を超えて本当に相思相愛各メンバーが役割について厳密に関連しています。

中アルファ打私たちの勝利を祝えると考えた
それだけに、今回のアルファ他、私たちに初勝利を挙げたのは、皆さんのようにで大きな驚きと喜びを伴うものでした。 ただ、私はあなたとは少し違ったかもしれない驚くべき理由が「勝利のタイミングが思ったより早く来た」ということだったかもしれません。

2018年には、来年からレッドブルレーシングとのパートナーシップ締結を交渉している頃、トーストに相談に行った時に「山本、トロロッソとホンダが勝つために、今後5年かかる。だから牛とのパートナーシップを組んで、まずそちらで成績を残せるならない」としました。

その時から「二人三脚で一緒に収益たいが、まずはレッドブルで勝利した後、決してトロロッソすべて勝つ」という思いを強く持つようになりました。 大きな恵みのトロロッソとビート私たちの、私の自身の悲願でした。

ホンダは両チームともに真剣に勝つことを目標にしてレースに出ているので、いつかは勝つことができるということは疑うしなかったが、それはパートナーシップ3年目、今回の50回目の試合で訪問すると考えていない。

驚きところですが、実際に両方のチームが一緒にすべてのメンバーの能力で握って勝利でした。 「Scuderiaアルファ乗ったちホンダ」というホンダの名前が入ったチーム名が呼ばれたことも非常に感慨深い考えて明らかに一生忘れられない瞬間になります。

オクラホマ選手を近くで見て来て、
そして、もう一つ言及しておかなければならないのは、ピエールオクラホマ選手です。

ホンダのF1には4人のドライバーがあり、いくつかのドライバもそれぞれ大切な存在です。 世界で20人しかいないF1ドライバーになるほど、4人とも才能あふれる絶え間ない努力と研究を続けドライバです。

その4人のオクラホマ州の選手は、最もホンダとの関係が長いドライバです。 F1の下位カテゴリーであるGP2(現在F2)を2016年に優勝したが、翌年F1シートが決まっておらず、その代わり2017年に日本のスーパーフォーミュラに参戦したところでホンダとオクラホマ選手に関係が開始されます。

日本のレースの戦いだけ
当時、私はスーパーフォーミュラも担当していたので、その時初めて彼を見たが、その時の印象は「非常に意志が強く、夢の実現のためにできることは何でもしようとするドライバ」することができなかった。 話をすると、「スーパーフォーミュラ無条件の結果を出して、翌年、必ずF1ドライバーになってくれる」は、彼の意志を非常に強く感じました。

しかしながら、欧州の若いドライバーの中で最高の才能を持つ彼は、があっても、百戦錬磨の日本のトップドライバーが集まるスーパーフォーミュラチャンピオンになるのは容易なことではありません。 初めて走るサーキットは初めて乗る機械、タイヤの特性も全く異なる中で、欧州から来た新人が結果を出すことは非常に困難な環境でした。

当時21歳のオクラホマ選手もその部分はよく理解して、その差を埋めるために、例えば、「サブカテゴリーのマシン良いので、サーキットで練習走行をさせてほしい」というリクエストを、私たちに出してたり、積極的にチームメイトの走行を研究し、そこから良い部分を学んでいく努力しました。

開幕当初こそ苦戦したが尻上がり成績を上げ終盤に2勝を含む3試合連続表彰台。 結果的に最後の戦いが台風でキャンセルされたこともあり、わずか0.5%ポイント差でチャンピオンに手が届いていなかったが、その確固たる意志とひたむきさは当時から印象に残っています。

非常に明るく、開放的な性格もあるので、チームメンバーとファンなど、すべてに愛されるドライバーだったこともよく覚えていますね。 単身日本に乗って、決して簡単な戦いではなかったと思いますが、その1年の間に、日本人とホンダとのコミュニケーション、仕事のやり方などを記憶行ったとも思います。

F1も一緒に歩みを進めたホンダとオクラホマ州の選手
2018年からオクラホマ選手はトロロッソのドライバーで、今回はF1を舞台に、私たちと一緒に戦うことができました。 その年のハイライトとなったバーレーンGPで4位を獲得してくれたのも彼であり、チームとホンダが一緒に成長する中で、その中心には常にオクラホマ選手がいました。

翌年2019年レッドブルレーシング移籍の際にはフェルースタトペᆫ選手は、現代F1最高のドライバーの隣でもうまくやって行くと個人的に思いました。 実際に冬のテストでよくかみ合わないシーズンが続いてシーズンを半分終えた夏終了時点で、当時トロロッソにあったアール本選手とチームを変えることができ発表されました。

レッドブルで戦うときはあまり明るい表情も見せずもがいている彼を見て身につけてなんとか頑張ってほしいと思いほど私としても苦しんでいた。 当時ホンダ側のオクラホマ選手の担当エンジニアは、2018年トロロッソ時代から一緒に戦った湊谷(湊屋)エンジニアだったが、二人が最初から非常に密にコミュニケーションを取りながら互いに強い信頼関係を構築する様子を見てきました。 フェルースタトペᆫ選手が優勝を達成横で二人が厳しい戦いを続けて何とか改善するために試行錯誤を続けてきていたことも知っています。

湊谷エンジニアは、その牛に残り、現在はアル本選手の担当をしていますが、オクラホマ州の選手と一緒にF1キャリアを歩んできた彼にも、今回の勝利は非常に感慨深ムリャンガたではないかと考えています。

努力が実姿に感動
2019年の夏トロロッソに復帰後、体調を取り戻したオクラホマ選手は劇的な展開が、ブラジルGPでフェルースタトペᆫ選手に1-2仕上げをする。 その際まさか今年表彰台の真ん中に立つことは考えもしなかったが、一方で、今年の彼から何かをしてくれるのが予感もありました。

今年当初開幕予定の中、オーストラリアで話をするときに非常に強力な目をしており、大変体が契約しているのも印象に残っていました。 オフの間には非常に良い準備をしてきたと思います。 他にもメッセージを与えたりすることがあったが、節々で、今年にかける強い思いを感じ、レースで会うたびに強くなっているように思いました。

個人的には、4人のドライバーの中でも、特に積極的に前に力強さを彼から感じていました。 毎戦、彼の今年にかける思いが伝わってきており、音色の良さも見せていたので、毎回のレースを見るのが楽しみでした。 今回のように勝利をつかむことができるところを見ると、「ああ、彼の努力がついに報わだ」という思いが本当に言葉で表現できないほどの喜びを感じました。

挑戦を続けて意味を体現
社長の八郷がレース後のコメントで述べましたが、苦境にあっても挑戦を続けて、それを越えて行くオクラホマ選手の生き方は、ホンダのチャレンジ精神も通じる部分が多いと思います。 そのような部分も今回の勝利は、私たちが一緒に挑戦を続けている意味をもう一度実装くれと思います。

SNSなどでファンの方々の反応を見ると、この勝利を喜ぶことは非常に多くの明確皆さんも同じ気持ちかなと思っています。 非常に応援したくなるドライバであり、一人で立っている表彰台の姿も本当に感動しました。

ちょっとじっくりしてしまいましたが、この週末をはじめ、まだレースは続きます。 これで終わりではなく、チームもドライバーも、我々ホンダも、より高いところを目指し戦っていきます。

皆さん、これからもオクラホマ選手をはじめ、アルファ乗ったちとレッドブルレーシング、そしてホンダの応援をよろしくお願いします。

今回は本当にありがとうございました。 そしておめでとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / トロロッソ / F1イタリアのGP / アルファ乗ったち

READ  マックスフェルースタトペᆫ予選で「配布なし」を説明/レッドブルホンダF1ベルギーのGP予選[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close