sport

ホンダF1特集:佐藤琢磨スリップストリームの達人[F1-Gate.com]

この週末F1は「Temple of Speed =速度の殿堂」と呼ばれる高速回路運転差の開催地。ここでは、スリップストリームするかどうかは、時間を大きく左右する。

一方、楕円形のコースで開催されるインディ500にもスリップストリームは非常に重要である。 最近キャリア2番目インディ500の優勝を占めた佐藤琢磨はホンダF1インディで勝つ方法を聞いた。

43歳の琢磨に2017年に続いての勝利が、今回のインディ500 “ブリックヤード」という愛称で呼ばれるインディアナポリスモータースピードウェイでHondaエンジン勢力による1-2-3-4という印象的な結果に終わりビクトリーレーンで開かれる牛乳を飲んだ直後からメディア取材攻勢があふれた。

そんな忙しい渦中、佐藤琢磨インタビューの時間を確保して、今回の勝利について語った。 最初の勝利で学んだことや、今回の戦略の話を聞いていくと、モンツァ以上スリップストリームの重要性を示している。

佐藤琢磨が最前列を占めスタジアムアウト側からレースを始めた段階で期待が高まっていた。 4ラップを走行する予選と200ラップのレース状況が他のことは知っているとはいえ、佐藤琢磨自身も最前列スタートの重要性を認識していました。

「予選で最前列獲得と決勝レースでは、別の話だが、まだシステムのパフォーマンスを見て、競争力があることを知って非常に満足しました。そして、予選4週間で安定した走行が可能外のチームを非常に誇りに思っていました。決勝用のマシンがどのよう競争力のあるものになるかを示していたからです。私たちのマシンは、ライバルのような最高速度はなかったかもしれませんが、私たちが目指したのは「力」で、私たちのマシンは確かに最強でした」

「最前列で始まる部分も大きかったです。中団は本当にタフなレースになる一方で、フロントローが最も安全な開始位置からレースをコントロールすることができることは間違いありません。機械で言えば、最後優勝したアンドレッティオートスポットの方が明らかに利点がありました。なぜなら、2017年Hondaエンジンはもちろん、強力なだった超強力エアロパッケージもあったので、その意味でアンドレマシンは確かに速度がありました。しかし、今年は違った “

「どのようなシステムも僅差でした。特に強かった優勝を争ったスコット・ディクソン選手だったと思います。すべてのケース予選でのパフォーマンスを発揮しました。どのような条件でも、すぐに私のライバルと目していました。そうでマシンごとに差がなく、すべてのドライバに機会がある良い状況でした。だから、競争力のあるマシンで戦うために最前列の開始に間違いをしなければなら必ず優勝するチャンスはあると思いました。」

3年前にインディ500優勝は日本人ドライバーとして初勝利したが、その前に何度か惜しいレースがあった。 佐藤琢磨にその経験がどのような形で有用だが、初優勝は自信を持って、圧力を除去したことが二回目の優勝につながったようだ。

「2017年は、ゲーム中に集中している必要がありませんが、私にとっては経験したことのない新しい世界を見ることができました。もちろん、2012年のレースですでにリードラップの経験があり、ダリオ(フランキトチ)を相手に激しく戦って勝利をつかむためにターン1に飛び込みました。それでも勝者になることができなかったのは、実際に何なのかは知りませんでしたので、2017年の経験は全く異なるものでした」

「今回は、最前列から始めて、非常に快適でした。マルコ(アンドレ)がポールポジションからスタートしたが、ディクシー(スコット・ディクソン)、それを追い越す。私は前に、コンピュータが1台の時のトウ(スリップストリーム)の状態がどうかを見るためにディクソンの行きました “

「後方からライアン・ハンター – レイが近づいてきたときにも、その段階で激しいレースを展開するつもりはなかったので、ライアンはあっさりと抜かました。3回目に入っ二つ先行ときトウが燃費の面でどのような姿を見ながら、機械のバランスタイヤの摩耗状態を確認しました」

「最初の100〜150主燃料コントロールだけでなく、マシンバランス、タイヤの摩耗状態など細部まで確認して調整して勝負になる最後の2定量に提供しました。そして、計画通りに行きました。そこには2017年の優勝時と大きく他の点です。」

F1だけでなく、米国のレースシーンでも人気の高い佐藤琢磨の初優勝は、日本だけでなく、世界のモータースポーツ界でも大きな反響を呼んだ。 今年のインディ500はコロナ流行に開催無観客がいたが、琢磨の2回目の優勝は大きな話題となった。

そして、今回もホンダ再び勝利を導いた。 今年43歳になる佐藤琢磨だが、ホンダとの関係は、20年以上にわたって続いており、世界最高峰のレースで結果を出して続けている。

「ホンダの一員であることを誇りに思っています。子供の頃に多くの夢をくれたのがHondaです.F1とマン島TTレースに挑戦するモータースポーツの世界1位を目標にいました。今でもF1とMotoGPのチャレンジ精神を示しています。それこそホンダがレースを続けることを意味です」

“私はレースのキャリアの開始が遅れましたが、今ここでこのように話しているホンダレーシングスクールに通ったおかげ20歳の頃に奨学金を獲得した以来、私はこれをまでのキャリアを支えてくれましたので、ホンダは感謝してもだすることができません。日本人だからだけではなく、彼らのレースに臨む方法とファイティングスピリットに誇りを感じています。このような理由から、ホンダファミリーの一員であることが本当に誇りに思います」

その挑戦は絶えず続いています。 インディ500の勝利の数日後には、イリノイ州ワールドワイド技術競馬場でダブルヘッダーに臨みました。 そこから土曜日のレース1で2位、翌日のレース2でポールポジションを獲得して9位に上がった。

一方、F1は先週末、スパフランコルシャンサーキットで表彰台を獲得した。 そして特殊な戦い方になるモンツァ向けた準備に取り組んでいる。 このようにレースと一緒に過ごす日々が続いていく。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / 佐藤琢磨

READ  ルノーCEO「アルピヌF1の変更を会社の強化を中心にしたい」[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close